このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FrameworkElement.SizeChanged イベント

更新 : 2007 年 11 月

この要素の ActualHeight プロパティまたは ActualWidth プロパティの値が変更されると発生します。

名前空間 :  System.Windows
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS : http://schemas.microsoft.com/winfx/xaml/presentation

public event SizeChangedEventHandler SizeChanged
/** @event */
public void add_SizeChanged (SizeChangedEventHandler value)
/** @event */
public void remove_SizeChanged (SizeChangedEventHandler value)

JScript では、イベントは使用できません。
<object SizeChanged="SizeChangedEventHandler" .../>

識別子フィールド

SizeChangedEvent

ルーティング方法

直接

デリゲート

SizeChangedEventHandler

直接ルーティング イベントは経路をたどらず、発生元の要素内でのみ処理されます。直接ルーティング イベントは、その他のルーティング イベントの動作をサポートしません。アクセスできるハンドラ コレクションをサポートし、スタイル内で EventTrigger として使用できます。

レイアウト システムは、このイベントの SizeChangedEventArgs 引数クラス内のプロパティを読み取って、報告されたサイズ変更が意味のある変更と見なされるべきかどうかを決定します。これにより、高さや幅の古い値と新しい値との違いが目に見えないほどわずかな場合に、レイアウト システムやコントロール固有のレイアウトの実装で強制的にレイアウト変更が行われるのを避けることができます。こうしたわずかな違いは、浮動小数点データ型の丸め計算や同じ結果の計算によって生じることがあります。

Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0
表示: