エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

FrameworkElement.Margin プロパティ

要素の外側の余白を取得または設定します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)
XAML の XMLNS: http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation, http://schemas.microsoft.com/netfx/2007/xaml/presentation

public Thickness Margin { get; set; }
<object>
  <object.Margin>
    <Thickness Left="left" Top="top" Right="right" Bottom="bottom"/>
  </object.Margin>
</object>
<object Margin="left,top,right,bottom"/>
- or -
<object Margin="left,top"/>
- or -
<object Margin="thicknessReference"/>

XAML の値

left、top、right、bottom

Thickness 構造体の 4 つのサイズ プロパティを指定する 0 ~ PositiveInfinity の数値。

この属性の使用方法では、省略された値も受け入れられます。省略された値は、指定した順に、対称的および論理的に適用されます。 たとえば、すべてのプロパティが 20 に設定されていると、Margin="20"Thickness を意味すると解釈されます。 Margin="20,50" は、LeftRight が 20 に設定され、TopBottom が 50 に設定された Thickness を意味すると解釈されます。

Thickness の測定値の既定の単位は device-independent unit (1/96th inch) です。 他の単位を指定するには、測定値に単位型の文字列 (cmin、または pt) を追加します。

XAML 属性として指定する数値では、小数点を指定する必要はありません (0 が受け入れられます。0.0 と指定する必要はありません)。 Extensible Application Markup Language (XAML) の使用方法の詳細については、「Thickness」を参照してください。

thicknessReference

既存の Thickness へのオブジェクト参照。 {Binding} }{StaticResource}、または {DynamicResource}} の参照を指定できます。 Extensible Application Markup Language (XAML) の使用方法の詳細については、「Thickness」を参照してください。

プロパティ値

型: System.Windows.Thickness
要素の余白の値を指定します。 既定値は、すべてのプロパティが 0 (ゼロ) の Thickness です。

識別子フィールド

MarginProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

AffectsMeasure

この余白は、この要素と、レイアウトでuser interface (UI) が作成されるときに隣接する他の要素との間の領域です。 共有要素はピア要素 (共通の親コントロールのコレクションに含まれる他の要素など) の場合もあれば、この要素の親の場合もあります。

Margin は、余白を非対称に設定できるように、数値ではなく Thickness 構造体として設定されます。 Thickness 構造体自体が文字列の型変換をサポートしているため、XAML 属性構文でも非対称の Margin を指定できます。

ゼロ以外の余白は、要素レイアウトの ActualWidthActualHeight の外側の領域に適用されます。

余白はレイアウトの兄弟要素の間で加算されます。たとえば、隣接する 2 つの要素の隣接部の余白がどちらも 30 に設定されていた場合、その要素間の領域は 60 単位になります。

通常、余白が設定されている要素では、割り当てられた四角形の領域がその要素 (余白 + コンテンツ) に対して小さすぎる場合でも、指定されている Margin のサイズは制限されません。 代わりに要素のコンテンツの領域が、レイアウトの計算時に制限されます。 コンテンツの制限が 0 に達しない限り、余白が制限されることはありません。

This example describes how to set the Margin property, by changing any existing property value for the margin in code-behind. The Margin property is a property of the FrameworkElement base element, and is thus inherited by a variety of controls and other elements.

This example is written in Extensible Application Markup Language (XAML), with a code-behind file that the XAML refers to. The code-behind is shown in both a C# and a Microsoft Visual Basic version.


<Button Click="OnClick" Margin="10" Name="btn1">
Click To See Change!!</Button>



void OnClick(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    // Get the current value of the property.
    Thickness marginThickness = btn1.Margin;
    // If the current leftlength value of margin is set to 10 then change it to a new value.
    // Otherwise change it back to 10.
    if(marginThickness.Left == 10)
    {
         btn1.Margin = new Thickness(60);
    } else {
         btn1.Margin = new Thickness(10);
    }
}


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft