この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FrameworkElement.Height プロパティ

 

公開日: 2016年11月

要素の推奨される高さを取得または設定します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

[TypeConverterAttribute(typeof(LengthConverter))]
[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.None, Readability = Readability.Unreadable)]
public double Height { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Double

要素の高さ (デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ) 単位)。 既定値は Double.NaN です。 この値は 0.0 以上にする必要があります。 上限については、「解説」を参照してください。

Height 次の 3 つの書き込み可能なプロパティの 1 つ FrameworkElement 高さ情報を指定します。 その他の 2 つは MinHeightMaxHeightです。 間で競合がある場合、これらの値、実際の高さを決定するためのアプリケーションの順序は最初 MinHeight し、受け入れられ、する必要があります MaxHeight, 、最後に、境界内にある場合 Heightします。

この要素が他の要素内の子要素の場合は、このプロパティを値に設定、本当にのみ推奨される値です。 レイアウト システムだけでなく、親要素の特定のレイアウト ロジックは、値として使用非バインド入力レイアウトの処理中にします。 実際には、 FrameworkElement を設定する場合でも、問題の子要素で、ほとんどの場合、 HeightWindowします。 (の Window, 、基になるアプリケーション モデルは、Hwnd を作成する基本的なレンダリングの前提条件を確立したときに、値を使用するアプリケーションをホストします)。

さらに許容される Double 値では、このプロパティによりも Double.NaNです。 これは、コードの自動サイズ変更動作を指定する方法です。XAML 「自動」(大文字と小文字) を自動サイズ変更動作を有効にする文字列値を設定します。 自動サイズ変更動作では、要素が利用できる高さいっぱいになることを意味します。 ただし、特定のコントロールは、サイズ変更動作を具体的には、再度有効にしない限り、自動を無効にするには既定のテーマ スタイルによって既定値を頻繁に指定します。

このプロパティの戻り値は、それに設定されている任意の値と同じでは常にします。 これに対しての値、 ActualHeight 異なる場合があります。 これも考えられますか静的に何らかの理由により推奨されるサイズがレイアウトによって拒否または一時的にします。 レイアウト システム自体が、プロパティ システムの一連の Height が処理されていない特定のプロパティの変更をまだサイズ変更とします。

[値の制限、 Double によって値が適用される、 ValidateValueCallback メカニズムです。 無効な値を設定しようとする場合、実行時に例外がスローされます。

だけでなく、検証チェックは、非決定的の上限値にバインドされている Height レイアウト システムによって強制適用されるは、(非常に大きい数よりも大きいです Single.MaxValue がよりも小さい Double.MaxValue)。 この上限値を超過した場合は、要素は表示されませんし、例外はスローされません。 設定しない Height の表示可能な最大サイズは、この非決定的の上限を超える可能性がありますよりも大幅に大きい値にします。

<object Height="double"/>
- or -
<object Height="qualifiedDouble"/>
- or -
<object Height="Auto"/>

Double

Double

文字列表現、 Double 0.0 以上の値。 上限については、「解説」を参照してください。 この値は、 デバイスに依存しない単位 (1/96 インチ) 測定します。 文字列が必要な小数点を明示的に含まれません。 値のインスタンス 1 は許容されます。

qualifiedDouble

A 二重 値、上記と後に 1 つの単位の次の宣言文字列: px, 、in, 、cm, 、ptです。

px (既定値) デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)

in インチです。1in == 96px

cm センチメートルを表します。1cm==(96/2.54) px

pt ポイントです。1pt==(96/72) px

auto

自動サイズ変更を有効にします。 「解説」を参照してください。

識別子のフィールド

HeightProperty

メタデータのプロパティを設定するには true

AffectsMeasure

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: