エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

FrameworkElement.GetBindingExpression メソッド

バインディングが確立された依存関係プロパティの BindingExpression を取得します。

名前空間:  System.Windows
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public BindingExpression GetBindingExpression(
	DependencyProperty dp
)

パラメーター

dp
型 : System.Windows.DependencyProperty
BindingExpression を取得する対象である、この FrameworkElement の特定のプロパティに対する依存関係プロパティ識別子。

戻り値

型 : System.Windows.Data.BindingExpression
ローカル値がデータバインド値を表す場合は、バインディングの BindingExpression プロパティがデータバインド値でなければ、null を返す場合があります。

現在の実装では、このメソッドは ReadLocalValue と同じ結果を返し、戻り値は BindingExpression にキャストされます。

BindingExpression への戻り値のキャストを試みることにより、指定した依存関係プロパティにバインディングが適用されているかどうかを確認するテストとして GetBindingExpression を使用できます。 これが成功した場合は、プロパティが現在、データバインド値によって設定されています。 この値が BindingExpression ではなく、null の場合は、照会したプロパティがデータバインドされていません。

BindingExpression オブジェクトは、その API によって、次のようなシナリオを可能にします。

  • BindingExpression.UpdateSource を呼び出すことにより、バインディングの既存の更新トリガーとは関係なく、バインディングのソースを強制的に更新できます。

  • BindingExpression.DataItem を呼び出すことにより、現在のソース値にアクセスできます。

  • BindingExpression.ParentBinding を呼び出すことにより、元のバインディングとその宣言に関する詳細な情報を取得できます。 取得したオブジェクトから Binding.ModeBinding.Path を調査することができます。

詳細については、「BindingExpression」または「データ バインディング」を参照してください。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft