このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FrameworkElement.GetBindingExpression メソッド

更新 : 2007 年 11 月

指定したプロパティのバインディングを表す BindingExpression を返します。

名前空間 :  System.Windows
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public BindingExpression GetBindingExpression(
	DependencyProperty dp
)
public BindingExpression GetBindingExpression(
	DependencyProperty dp
)
public function GetBindingExpression(
	dp : DependencyProperty
) : BindingExpression
メソッドは XAML では使用できません。

パラメータ

dp
型 : System.Windows.DependencyProperty

バインディングを取得するターゲット DependencyProperty

戻り値

型 : System.Windows.Data.BindingExpression

ターゲット プロパティにアクティブなバインディングがある場合は BindingExpression。それ以外の場合は null を返します。

戻り値が null かどうかをチェックすることで、プロパティにアクティブなバインディングがあるかどうかを確認できます。

このメソッドは、実際には BindingOperations.GetBindingExpression メソッドの便利なラッパーにすぎません。GetBindingExpression は、現在のインスタンスと dp パラメータを BindingOperations.GetBindingExpression に渡します。

この例では、データにバインドされているターゲット プロパティからバインディング オブジェクトを取得する方法を示します。

Binding オブジェクトを取得する方法を次に示します。

// textBox3 is an instance of a TextBox
// the TextProperty is the data-bound dependency property
Binding myBinding = BindingOperations.GetBinding(textBox3, TextBox.TextProperty);


メモ :

バインディングの依存関係プロパティを指定しなければならないのは、ターゲット オブジェクトに、データ バインディングを使用するプロパティが複数存在する可能性があるためです。

また、BindingExpression を取得してから ParentBinding プロパティの値を取得するという方法もあります。

例全体については、「バインディングの検証のサンプル」を参照してください。

メモ :

バインディングが MultiBinding である場合は、BindingOperations.GetMultiBinding を使用します。PriorityBinding である場合は、BindingOperations.GetPriorityBinding を使用します。ターゲット プロパティが、BindingMultiBindingPriorityBinding のどれを使用してバインドされているかが不明な場合は、BindingOperations.GetBindingBase を使用してください。

Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0
表示: