この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FrameworkElement.FlowDirection プロパティ

 

公開日: 2016年10月

レイアウトを制御する親要素内でのテキストやその他の ユーザー インターフェイス (UI) 要素のフロー方向を取得または設定します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.None)]
public FlowDirection FlowDirection { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Windows.FlowDirection

テキストやその他の UI 要素の親要素内でのフロー方向を示す列挙値。 既定値は LeftToRight です。

依存関係プロパティの使用状況のセット、 FlowDirection この要素にします。 プロパティ値の設定の継承のため FlowDirection 要素に設定可能性 FlowDirection 設定していないすべての子要素で FlowDirection ローカルやスタイルなどがその他の手段です。

このプロパティは自動的に設定されていない、任意のアプリケーションのカルチャの情報の一部として、要素は、必ずしもカルチャ情報が含まれる一般的なフローの方向に従うようにものではありませんコンテンツを含めることがあるためです。 グローバリゼーションの考慮事項の詳細については、次を参照してください。 WPF のグローバリゼーションします。

このプロパティは、定義されている 共通言語ランタイム (CLR) プロパティ アクセサー、依存関係プロパティとして機能するようです。 ただしはも登録、アタッチされているため、添付プロパティとしても機能できます。 接続された登録は主にようにプロパティ値の継承がサポートされているが、プロパティは、実際の添付プロパティとしても使用できます。 添付プロパティの使用は、のみで、フローの方向を設定するオブジェクトが関連、 FrameworkElement 時に、レイアウトを実行する親要素がそれ自体、 FrameworkElement, 、ないより直接的に定義されていると FlowDirection プロパティです。 (フローの一部のドキュメント クラス BlockInline 独自に定義 FlowDirection, 、このプロパティは、フローの方向を設定もできます。 プロパティの値が読み取ら最終的なコンテンツのホストで添付プロパティの使用を必要とせず。)

<オブジェクト FlowDirection="FlowDirection"/> 

このプロパティは、クラスには設定も FrameworkElement に続いて、クラスを派生 XAML 添付プロパティの使用法。

< オブジェクト FrameworkElement.FlowDirection="FlowDirection"/>

識別子のフィールド

FlowDirectionProperty

メタデータのプロパティを設定するには true

AffectsMeasureAffectsParentArrangeInherits

このプロパティは、依存関係プロパティと、添付プロパティです。「解説」を参照してください。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
4.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: