このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

FrameworkElement.ArrangeOverride メソッド

派生クラスでオーバーライドされると、子要素を配置し、FrameworkElement 派生クラスのサイズを決定します。

名前空間: System.Windows
アセンブリ: PresentationFramework (presentationframework.dll 内)

protected virtual Size ArrangeOverride (
	Size finalSize
)
protected Size ArrangeOverride (
	Size finalSize
)
protected function ArrangeOverride (
	finalSize : Size
) : Size
メソッドは XAML では使用できません。

パラメータ

finalSize

この要素が要素自体と子を配置するために使用する親の末尾の領域。

戻り値

使用する実際のサイズ。

継承元へのメモ : レイアウト処理の配置パスをカスタマイズするコントロール作成者は、このメソッドをオーバーライドする必要があります。実装パターンでは、表示可能な各子要素の Arrange を呼び出して、各子要素の最終的な必要サイズを finalRect パラメータとして渡します。親要素では、各子要素の Arrange を呼び出す必要があります。呼び出さないと子要素は描画されません。 多くの派生クラスがこのメソッドの実装を提供しています。Window.ArrangeOverridePage.ArrangeOverrideControl.ArrangeOverride などがその代表的な例です。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0
表示: