この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FrameworkElement.ArrangeOverride メソッド (Size)

 

公開日: 2016年10月

派生クラスでオーバーライドされると、子要素を配置し、FrameworkElement 派生クラスのサイズを決定します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

protected virtual Size ArrangeOverride(
	Size finalSize
)

パラメーター

finalSize
Type: System.Windows.Size

この要素が要素自体と子を配置するために使用する親の末尾の領域。

戻り値

Type: System.Windows.Size

使用する実際のサイズ。

継承時の注意:

Control authors who want to customize the arrange pass of layout processing should override this method. The implementation pattern should call M:System.Windows.UIElement.Arrange(System.Windows.Rect) on each visible child element, and pass the final desired size for each child element as the finalRect parameter. Parent elements should call M:System.Windows.UIElement.Arrange(System.Windows.Rect) on each child, otherwise the child elements will not be rendered.

Many derived classes offer implementations of this method. Prominent ones include: M:System.Windows.Window.ArrangeOverride(System.Windows.Size), M:System.Windows.Controls.Page.ArrangeOverride(System.Windows.Size) and M:System.Windows.Controls.Control.ArrangeOverride(System.Windows.Size).

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: