この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FrameworkElement.ActualHeight プロパティ

 

公開日: 2016年10月

この要素の描画時の高さを取得します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public double ActualHeight { get; }

プロパティ値

Type: System.Double

値としての要素の高さ デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)します。 既定値は 0 (ゼロです)。

このプロパティは、その他の高さの入力やレイアウト システムに基づく計算された値です。 値は、実際の描画パスに基づいて、レイアウト システム自体によって設定し、なるためプロパティの設定値の背後にあるなど Height 入力の変更の基準であります。

ActualHeight に注意してください、計算した値には、複数存在する可能性がありますまたは増分が報告してさまざまな操作の結果によって変更レイアウト システムです。 レイアウト システムには、子要素の親要素の制約用の領域の必要なメジャーが計算可能性があります。

このプロパティを設定することはできませんが XAML, を作成できますが、 Trigger スタイルでは、その値にします。

識別子のフィールド

ActualHeightProperty

メタデータのプロパティを設定するには true

None

次の例では、さまざまな高さのプロパティを表示します。

private void changeHeight(object sender, SelectionChangedEventArgs args)
{
    ListBoxItem li = ((sender as ListBox).SelectedItem as ListBoxItem);
    Double sz1 = Double.Parse(li.Content.ToString());
    rect1.Height = sz1;
    rect1.UpdateLayout();
    txt1.Text= "ActualHeight is set to " + rect1.ActualHeight;
    txt2.Text= "Height is set to " + rect1.Height;
    txt3.Text= "MinHeight is set to " + rect1.MinHeight;
    txt4.Text= "MaxHeight is set to " + rect1.MaxHeight;
}
private void changeMinHeight(object sender, SelectionChangedEventArgs args)
{
    ListBoxItem li = ((sender as ListBox).SelectedItem as ListBoxItem);
    Double sz1 = Double.Parse(li.Content.ToString());
    rect1.MinHeight = sz1;
    rect1.UpdateLayout();
    txt1.Text= "ActualHeight is set to " + rect1.ActualHeight;
    txt2.Text= "Height is set to " + rect1.Height;
    txt3.Text= "MinHeight is set to " + rect1.MinHeight;
    txt4.Text= "MaxHeight is set to " + rect1.MaxHeight;
}
private void changeMaxHeight(object sender, SelectionChangedEventArgs args)
{
    ListBoxItem li = ((sender as ListBox).SelectedItem as ListBoxItem);
    Double sz1 = Double.Parse(li.Content.ToString());
    rect1.MaxHeight = sz1;
    rect1.UpdateLayout();
    txt1.Text= "ActualHeight is set to " + rect1.ActualHeight;
    txt2.Text= "Height is set to " + rect1.Height;
    txt3.Text= "MinHeight is set to " + rect1.MinHeight;
    txt4.Text= "MaxHeight is set to " + rect1.MaxHeight;
}

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: