この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ToolStripItemClickedEventArgs クラス

 

公開日: 2016年10月

ItemClicked イベントのデータを提供します。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

System.Object
  System.EventArgs
    System.Windows.Forms.ToolStripItemClickedEventArgs

public class ToolStripItemClickedEventArgs : EventArgs

名前説明
System_CAPS_pubmethodToolStripItemClickedEventArgs(ToolStripItem)

新しいインスタンスを初期化、 ToolStripItemClickedEventArgs クラスを指定する、 ToolStripItem クリックしてされました。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyClickedItem

クリックしてされた項目を取得、 ToolStripです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

次のコード例では、この型の使用を示します。 例では、イベント ハンドラーは、発生するときに報告、 ItemClicked イベントです。 このレポートは、イベントが発生してデバッグに役立つ説明を使用します。 複数のイベントまたは頻繁に発生するイベントを報告するためには、交換を検討 ShowConsole.WriteLine またはメッセージを複数行に追加する TextBoxです。

このコード例を実行する型のインスタンスを含むプロジェクトに貼り付けること ToolStrip という ToolStrip1します。 イベント ハンドラーが関連付けられていることを確認して、 ItemClicked イベントです。

private void ToolStrip1_ItemClicked(Object sender, ToolStripItemClickedEventArgs e) {

System.Text.StringBuilder messageBoxCS = new System.Text.StringBuilder();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "ClickedItem", e.ClickedItem );
messageBoxCS.AppendLine();
MessageBox.Show(messageBoxCS.ToString(), "ItemClicked Event" );
}

.NET Framework
2.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: