TableLayoutCellPaintEventHandler デリゲート
TOC
目次を折りたたむ
目次を展開する

TableLayoutCellPaintEventHandler デリゲート

CellPaint イベントを処理するメソッドを表します。

名前空間: System.Windows.Forms
アセンブリ: System.Windows.Forms (system.windows.forms.dll 内)

public delegate void TableLayoutCellPaintEventHandler (
	Object sender,
	TableLayoutCellPaintEventArgs e
)
/** @delegate */
public delegate void TableLayoutCellPaintEventHandler (
	Object sender, 
	TableLayoutCellPaintEventArgs e
)
適用できません。

パラメータ

sender

イベントのソース。

e

イベント データを格納している TableLayoutCellPaintEventArgs

TableLayoutCellPaintEventHandler デリゲートを作成する場合は、イベントを処理するメソッドを識別してください。イベントをイベント ハンドラに関連付けるには、デリゲートのインスタンスをイベントに追加します。デリゲートを削除しない限り、そのイベントが発生すると常にイベント ハンドラが呼び出されます。イベント ハンドラ デリゲートの詳細については、「イベントとデリゲート」を参照してください。

TableLayoutCellPaintEventHandler デリゲートを使用して、TableLayoutPanel コントロールの表示形式をカスタマイズする方法を次の例に示します。このコード例は TableLayoutPanel コントロールのトピックで取り上げているコード例の一部です。

public class DemoTableLayoutPanel : TableLayoutPanel
{
	protected override void OnCellPaint(TableLayoutCellPaintEventArgs e)
	{
		base.OnCellPaint(e);

        Control c = this.GetControlFromPosition(e.Column, e.Row);

        if ( c != null )
        {
            Graphics g = e.Graphics;

            g.DrawRectangle(
				Pens.Red, 
				e.CellBounds.Location.X+1,
				e.CellBounds.Location.Y + 1,
				e.CellBounds.Width - 2, e.CellBounds.Height - 2);

			g.FillRectangle(
				Brushes.Blue, 
				e.CellBounds.Location.X + 1, 
				e.CellBounds.Location.Y + 1, 
				e.CellBounds.Width - 2, 
				e.CellBounds.Height - 2);
        };
	}
    
}

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2016 Microsoft