このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

RadioButton.RadioButtonAccessibleObject クラス

このクラスは,.NET Framework インフラストラクチャをサポートします。独自に作成したコードから直接使用するためのものではありません。

ユーザー補助クライアント アプリケーションに対し、RadioButton コントロールに関する情報を提供します。

名前空間: System.Windows.Forms
アセンブリ: System.Windows.Forms (system.windows.forms.dll 内)

[ComVisibleAttribute(true)] 
public class RadioButtonAccessibleObject : ButtonBaseAccessibleObject
/** @attribute ComVisibleAttribute(true) */ 
public class RadioButtonAccessibleObject extends ButtonBaseAccessibleObject
ComVisibleAttribute(true) 
public class RadioButtonAccessibleObject extends ButtonBaseAccessibleObject
適用できません。

Windows フォームには、ユーザー補助サポートが組み込まれており、ユーザー補助クライアント アプリケーションと協調して動作するための、アプリケーションに関する情報が提供されます。ユーザー補助クライアント アプリケーションの例には、画面拡大ユーティリティおよびレビューア ユーティリティ、音声入力ユーティリティ、オンスクリーン キーボード、代替入力デバイス、およびキーボード拡張ユーティリティがあります。RadioButton.RadioButtonAccessibleObject クラスは、Control.ControlAccessibleObject クラスを継承することにより、RadioButton コントロールに関する情報をユーザー補助クライアント アプリケーションに提供します。

ユーザー補助クライアント アプリケーションに、コントロールの名前や説明などのカスタム情報を提供する場合があります。この情報を提供するには 2 つの方法があります。既存のコントロールの制限付きユーザー補助情報を提供するには、コントロールの AccessibleNameAccessibleDescriptionAccessibleDefaultActionDescriptionAccessibleRole の各プロパティ値を設定します。これらの値はユーザー補助クライアント アプリケーションに報告されます。

コントロールにさらに多くのユーザー補助情報を含める必要がある場合は、AccessibleObject クラスまたは Control.ControlAccessibleObject クラスから派生させてユーザー独自のクラスを作成できます。たとえば、コモン コントロールから派生していない独自のコントロールを記述する場合、またはコントロールの中でヒット テストなどの操作が必要な場合は、CreateAccessibilityInstance メソッドを呼び出して、そのコントロール用の Control.ControlAccessibleObject を作成する必要があります。

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0,1.1,1.0
表示: