この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

OpenFileDialog クラス

 

公開日: 2016年10月

ユーザーにファイルを開けるように指示するダイアログ ボックスを表示します。 このクラスは継承できません。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

System.Object
  System.MarshalByRefObject
    System.ComponentModel.Component
      System.Windows.Forms.CommonDialog
        System.Windows.Forms.FileDialog
          System.Windows.Forms.OpenFileDialog

public sealed class OpenFileDialog : FileDialog

名前説明
System_CAPS_pubmethodOpenFileDialog()

OpenFileDialog クラスのインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAddExtension

ユーザーが拡張子を指定しない場合、ダイアログ ボックスがファイル名に自動的に拡張子を付けるかどうかを示す値を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyAutoUpgradeEnabled

取得または設定を示す値かどうかこの FileDialog インスタンスを自動的にアップグレードの外観と動作で実行されているときに Windows Vistaします。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCheckFileExists

存在しないファイルの名前をユーザーが指定した場合に、ダイアログ ボックスが警告を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。(FileDialog.CheckFileExists をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubpropertyCheckPathExists

存在しないパスをユーザーが指定したときに、ダイアログ ボックスに警告を表示するかどうかを示す値を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyContainer

取得、 IContainer を含む、 Componentです。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyCustomPlaces

このカスタム プレイスのコレクションを取得 FileDialog インスタンス。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDefaultExt

既定のファイル名の拡張子を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDereferenceLinks

ダイアログ ボックスが、ショートカットで参照されたファイルの場所を返すかどうか、またはショートカットの場所 (.lnk) を返すかどうかを指定する値を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFileName

ファイル ダイアログ ボックスで選択されたファイル名を含む文字列を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFileNames

ダイアログ ボックスで選択されたすべてのファイルの名前を取得します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFilter

ダイアログ ボックスの [保存先ファイルの種類] または [ファイルの種類] ボックスに表示される選択肢を決定する、現在のファイル名のフィルター文字列を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyFilterIndex

ファイル ダイアログ ボックスで現在選択されているフィルターのインデックスを取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyInitialDirectory

ファイル ダイアログ ボックスに表示される起動ディレクトリを取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyMultiselect

ダイアログ ボックスで複数のファイルを選択できるかどうかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyReadOnlyChecked

読み取り専用チェック ボックスがオンかオフかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyRestoreDirectory

ダイアログ ボックスを閉じる前に、ディレクトリを以前選択されていたディレクトリに復元するかどうかを示す値を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertySafeFileName

ダイアログ ボックスで選択されたファイルのファイル名と拡張子を取得します。 ファイル名にはパスは含まれません。

System_CAPS_pubpropertySafeFileNames

ダイアログ ボックスで選択されたすべてのファイルのファイル名と拡張子の配列を取得します。 ファイル名にはパスは含まれません。

System_CAPS_pubpropertyShowHelp

取得または設定を示す値かどうか、 ヘルプ ファイル] ダイアログ ボックスにボタンを表示します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyShowReadOnly

ダイアログ ボックスに読み取り専用チェック ボックスが表示されているかどうかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySite

取得または設定、 ISiteComponentです。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertySupportMultiDottedExtensions

複数のファイル名拡張子を持つファイルの表示および保存をダイアログ ボックスがサポートするかどうかを示す値を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTag

取得またはコントロールに関するデータを格納しているオブジェクトを設定します。(CommonDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTitle

ファイル ダイアログ ボックスのタイトルを取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyValidateNames

ダイアログ ボックスが有効な Win32 ファイル名だけを受け入れるかどうかを示す値を取得または設定します。(FileDialog から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodCreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要なすべての関連情報を格納しているオブジェクトを作成します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodOpenFile()

ユーザーが選択したファイルを読み取り専用で開きます。 このファイルは、FileName プロパティで指定されます。

System_CAPS_pubmethodReset()

すべてのプロパティを既定値にリセットします。(FileDialog.Reset() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodShowDialog()

既定のオーナーを使用してコモン ダイアログ ボックスを実行します。(CommonDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShowDialog(IWin32Window)

指定したオーナーを使用してコモン ダイアログ ボックスを実行します。(CommonDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このオブジェクトの文字列形式を示します。(FileDialog から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubeventDisposed

呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生、 Dispose メソッドです。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubeventFileOk

ユーザーがクリックしたときに発生、 開く または 保存 ファイル ダイアログ ボックスのボタンをします。(FileDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubeventHelpRequest

ユーザーがコモン ダイアログ ボックスの [?] ボタンをクリックすると発生します。(CommonDialog から継承されます。)

このクラスにより、ファイルが存在するかどうかを確認し、開きます。 ShowReadOnly プロパティは、ダイアログ ボックスで読み取り専用チェック ボックスを表示するかどうかを決定します。 ReadOnlyChecked プロパティは読み取り専用チェック ボックスがオンになっているかどうかを示します。

このクラスは記載のコア機能のほとんどの FileDialog クラスです。

ファイルの代わりにフォルダーを選択し、使用する権限をユーザーに付与する場合は、 FolderBrowserDialog 代わりにします。

次のコード例を作成、 OpenFileDialog, 、ファイル拡張子フィルターとダイアログ動作を定義するいくつかのプロパティを設定および使用して、ダイアログ ボックスの表示、 CommonDialog.ShowDialog メソッドです。 この例で使用して、フォーム、 Button への参照で、 System.IO 名前空間を追加します。

private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
{
    Stream myStream = null;
    OpenFileDialog openFileDialog1 = new OpenFileDialog();

    openFileDialog1.InitialDirectory = "c:\\" ;
    openFileDialog1.Filter = "txt files (*.txt)|*.txt|All files (*.*)|*.*" ;
    openFileDialog1.FilterIndex = 2 ;
    openFileDialog1.RestoreDirectory = true ;

    if(openFileDialog1.ShowDialog() == DialogResult.OK)
    {
        try
        {
            if ((myStream = openFileDialog1.OpenFile()) != null)
            {
                using (myStream)
                {
                    // Insert code to read the stream here.
                }
            }
        }
        catch (Exception ex)
        {
            MessageBox.Show("Error: Could not read file from disk. Original error: " + ex.Message);
        }
    }
}

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: