この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ListViewItem.ListViewSubItem クラス

 

公開日: 2016年10月

サブ項目を表す、 ListViewItemです。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Forms.ListViewItem.ListViewSubItem

[SerializableAttribute]
public class ListViewSubItem

名前説明
System_CAPS_pubmethodListViewItem.ListViewSubItem()

ListViewItem.ListViewSubItem クラスの新しいインスタンスを既定値で初期化します。

System_CAPS_pubmethodListViewItem.ListViewSubItem(ListViewItem, String)

新しいインスタンスを初期化、 ListViewItem.ListViewSubItem クラスを指定したオーナーとテキストを使用します。

System_CAPS_pubmethodListViewItem.ListViewSubItem(ListViewItem, String, Color, Color, Font)

新しいインスタンスを初期化、 ListViewItem.ListViewSubItem クラスが指定された所有者、テキスト、前景の色、背景色、およびフォント値を使用します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyBackColor

取得またはサブ項目のテキストの背景色を設定します。

System_CAPS_pubpropertyBounds

外接する四角形を取得、 ListViewItem.ListViewSubItemです。

System_CAPS_pubpropertyFont

サブ項目として表示されるテキストのフォントを取得、または設定します。

System_CAPS_pubpropertyForeColor

取得またはサブ項目のテキストの前景色を設定します。

System_CAPS_pubpropertyName

ListViewItem.ListViewSubItem の名前を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyTag

取得または設定に関するデータを格納するオブジェクト、 ListViewItem.ListViewSubItemです。

System_CAPS_pubpropertyText

取得またはサブ項目のテキストを設定します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodResetStyle()

既定のフォントおよび色にサブ項目に適用されるスタイルをリセットします。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object.ToString() をオーバーライドします。)

A ListView コントロールで定義されている項目の一覧を表示、 ListViewItem クラスです。ListViewItem によって定義されているサブアイテム オブジェクトを格納し、 ListViewItem.ListViewSubItem クラスです。 サブ項目が表示されるときに、 View のプロパティ、 ListView に設定する Detailsです。 通常、サブ項目には、親項目に関連する情報が含まれます。 たとえば場合、 ListView コントロールは、注文を表す項目を表示、各項目は、注文番号を表示できます。 注文された製品などの情報を表示するには、各項目、注文、品目の数量と注文品目の合計金額には、サブ項目を追加できませんでした。 異なり ListViewItem オブジェクト、 ListViewItem.ListViewSubItem オブジェクトは、ユーザーが直接編集することはできません (ユーザーが編集できる ListViewItem オブジェクトの場合、 LabelEdit のプロパティ、 ListView に設定されているコントロール true)。

プロパティは、サブ項目のテキストのスタイルで表示された場合の影響を与えるものに限られたサブ項目が、ユーザーが直接編集できず、イメージを表示できないため、 ListView コントロールです。 場合、 UseItemStyleForSubItems のプロパティ、 ListView サブ項目を格納しているに設定されている false, 、使用することができます、 Font, 、BackColor, 、および ForeColor テキスト表示に適用されるスタイルを変更するプロパティです。 通常、項目とサブ項目のスタイルでは、同じで、 ListView 、特定のスタイルを変更する場合は、コントロール ListViewItem.ListViewSubItem 強調表示には、異なる方法で表示する項目のこのプロパティを使用できます。

次のコード例を作成、 ListView の 3 つのコントロール ListViewItem 指定されたオブジェクトと 3 つ ListViewItem.ListViewSubItem オブジェクトの各項目に指定します。 この例でも作成 ColumnHeader 詳細ビューにサブ項目を表示するオブジェクト。 2 つ ImageList にイメージを用意するコード例でも作成されるオブジェクト、 ListViewItem オブジェクトです。 これら ImageList にオブジェクトを追加、 LargeImageListSmallImageList プロパティです。 この例を作成するのには、次のプロパティを使用して、 ListView コントロールです。

コードを追加する必要があります、 Form コンス トラクターまたは、フォーム上の別の方法の例で作成したメソッドを呼び出します。 イメージがという名前では MySmallImage1, 、MySmallImage2, 、MyLargeImage1, 、および MyLargeImage2 C: ドライブのルート ディレクトリにあります。

private void CreateMyListView()
{
	// Create a new ListView control.
	ListView listView1 = new ListView();
	listView1.Bounds = new Rectangle(new Point(10,10), new Size(300,200));

	// Set the view to show details.
	listView1.View = View.Details;
	// Allow the user to edit item text.
	listView1.LabelEdit = true;
	// Allow the user to rearrange columns.
	listView1.AllowColumnReorder = true;
	// Display check boxes.
	listView1.CheckBoxes = true;
	// Select the item and subitems when selection is made.
	listView1.FullRowSelect = true;
	// Display grid lines.
	listView1.GridLines = true;
	// Sort the items in the list in ascending order.
	listView1.Sorting = SortOrder.Ascending;

	// Create three items and three sets of subitems for each item.
	ListViewItem item1 = new ListViewItem("item1",0);
	// Place a check mark next to the item.
	item1.Checked = true;
	item1.SubItems.Add("1");
	item1.SubItems.Add("2");
	item1.SubItems.Add("3");
	ListViewItem item2 = new ListViewItem("item2",1);
	item2.SubItems.Add("4");
	item2.SubItems.Add("5");
	item2.SubItems.Add("6");
	ListViewItem item3 = new ListViewItem("item3",0);
	// Place a check mark next to the item.
	item3.Checked = true;
	item3.SubItems.Add("7");
	item3.SubItems.Add("8");
	item3.SubItems.Add("9");

	// Create columns for the items and subitems.
	// Width of -2 indicates auto-size.
	listView1.Columns.Add("Item Column", -2, HorizontalAlignment.Left);
	listView1.Columns.Add("Column 2", -2, HorizontalAlignment.Left);
	listView1.Columns.Add("Column 3", -2, HorizontalAlignment.Left);
	listView1.Columns.Add("Column 4", -2, HorizontalAlignment.Center);

	//Add the items to the ListView.
          		listView1.Items.AddRange(new ListViewItem[]{item1,item2,item3});

	// Create two ImageList objects.
	ImageList imageListSmall = new ImageList();
	ImageList imageListLarge = new ImageList();

	// Initialize the ImageList objects with bitmaps.
	imageListSmall.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MySmallImage1.bmp"));
	imageListSmall.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MySmallImage2.bmp"));
	imageListLarge.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MyLargeImage1.bmp"));
	imageListLarge.Images.Add(Bitmap.FromFile("C:\\MyLargeImage2.bmp"));

	//Assign the ImageList objects to the ListView.
	listView1.LargeImageList = imageListLarge;
	listView1.SmallImageList = imageListSmall;

	// Add the ListView to the control collection.
	this.Controls.Add(listView1);
}

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: