この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FolderBrowserDialog クラス

 

公開日: 2016年10月

フォルダーを選択するように求めます。 このクラスは継承できません。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

System.Object
  System.MarshalByRefObject
    System.ComponentModel.Component
      System.Windows.Forms.CommonDialog
        System.Windows.Forms.FolderBrowserDialog

public sealed class FolderBrowserDialog : CommonDialog

名前説明
System_CAPS_pubmethodFolderBrowserDialog()

FolderBrowserDialog クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyContainer

取得、 IContainer を含む、 Componentです。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDescription

取得または設定] ダイアログ ボックスのツリー ビュー コントロール上に表示される説明テキスト。

System_CAPS_pubpropertyRootFolder

取得またはルート フォルダーの参照の開始位置を設定します。

System_CAPS_pubpropertySelectedPath

取得またはユーザーによって選択されたパスを設定します。

System_CAPS_pubpropertyShowNewFolderButton

取得または設定を示す値かどうか、 新しいフォルダー フォルダーの参照] ダイアログ ボックスにボタンが表示されます。

System_CAPS_pubpropertySite

取得または設定、 ISiteComponentです。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTag

取得またはコントロールに関するデータを格納しているオブジェクトを設定します。(CommonDialog から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubmethodCreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要なすべての関連情報を格納しているオブジェクトを作成します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodDispose()

Component によって使用されているすべてのリソースを解放します。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInitializeLifetimeService()

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。(MarshalByRefObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReset()

プロパティを既定値にリセットします。(CommonDialog.Reset() をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodShowDialog()

既定のオーナーを使用してコモン ダイアログ ボックスを実行します。(CommonDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShowDialog(IWin32Window)

指定したオーナーを使用してコモン ダイアログ ボックスを実行します。(CommonDialog から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

返します。、 String の名前を含む、 Component, 、存在する場合。 このメソッドはオーバーライドできません。(Component から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubeventDisposed

呼び出しによってコンポーネントが破棄されるときに発生、 Dispose メソッドです。(Component から継承されます。)

System_CAPS_pubeventHelpRequest

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 ユーザーがクリックしたときに発生、 ヘルプ ] ダイアログ ボックスにボタンをクリックします。

このクラスは、参照、作成、および最終的にフォルダーを選択するように求める手段を提供します。 ファイルではなく、フォルダーを選択できるようにする場合は、このクラスを使用します。 フォルダーの参照は、ツリー コントロールを通して行われます。 ファイル システムからフォルダーのみを選択することができます。仮想フォルダーは選択できません。

作成後に、通常、 FolderBrowserDialog, を設定する、 RootFolder 参照を開始する元の場所にします。 必要に応じて設定、 SelectedPath のサブフォルダーの絶対パスに RootFolder を最初に選択されます。 また、必要に応じて設定することができます、 Description プロパティをユーザーに、詳細な指示を提供します。 最後を呼び出して、 ShowDialog ] ダイアログ ボックスをユーザーに表示するメソッドです。 ダイアログ ボックスが閉じられるタイミングと起因] ダイアログ ボックス ShowDialogDialogResult.OK, 、 SelectedPath は選択したフォルダーへのパスを含む文字列になります。

使用することができます、 ShowNewFolderButton プロパティ制御する場合は、ユーザーを持つ新しいフォルダーを作成できるため、 新しいフォルダー ] ボタンをクリックします。

FolderBrowserDialog モーダル ダイアログ ボックスです。したがって、表示されると、アプリケーションの残りの部分までブロック、ユーザーがフォルダーを選択します。 ダイアログ ボックスはモーダルとして表示される場合 (キーボードやマウスのクリック) の入力しか発生しません] ダイアログ ボックス上のオブジェクトにします。 プログラムを非表示にする必要があります。 または呼び出し元のプログラムへの入力 (通常はユーザーの操作への応答) で、ダイアログ ボックスが閉じる発生することができます。

次のコード例は、内でのリッチ テキスト (.rtf) ファイルを開くことができるようにするアプリケーションを作成、 RichTextBox コントロールです。

// The following example displays an application that provides the ability to 
// open rich text files (rtf) into the RichTextBox. The example demonstrates 
// using the FolderBrowserDialog to set the default directory for opening files.
// The OpenFileDialog class is used to open the file.
using System;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;
using System.IO;

public class FolderBrowserDialogExampleForm : System.Windows.Forms.Form
{
    private FolderBrowserDialog folderBrowserDialog1;
    private OpenFileDialog openFileDialog1;

    private RichTextBox richTextBox1;

    private MainMenu mainMenu1;
    private MenuItem fileMenuItem, openMenuItem;
    private MenuItem folderMenuItem, closeMenuItem;

    private string openFileName, folderName;

    private bool fileOpened = false;

    // The main entry point for the application.
    [STAThreadAttribute]
    static void Main() 
    {
        Application.Run(new FolderBrowserDialogExampleForm());
    }


    // Constructor.
    public FolderBrowserDialogExampleForm()
    {
        this.mainMenu1 = new System.Windows.Forms.MainMenu();
        this.fileMenuItem = new System.Windows.Forms.MenuItem();
        this.openMenuItem = new System.Windows.Forms.MenuItem();
        this.folderMenuItem = new System.Windows.Forms.MenuItem();
        this.closeMenuItem = new System.Windows.Forms.MenuItem();

        this.openFileDialog1 = new System.Windows.Forms.OpenFileDialog();
        this.folderBrowserDialog1 = new System.Windows.Forms.FolderBrowserDialog();
        this.richTextBox1 = new System.Windows.Forms.RichTextBox();

        this.mainMenu1.MenuItems.Add(this.fileMenuItem);
        this.fileMenuItem.MenuItems.AddRange(
                            new System.Windows.Forms.MenuItem[] {this.openMenuItem,
                                                                 this.closeMenuItem,
                                                                 this.folderMenuItem});
        this.fileMenuItem.Text = "File";

        this.openMenuItem.Text = "Open...";
        this.openMenuItem.Click += new System.EventHandler(this.openMenuItem_Click);

        this.folderMenuItem.Text = "Select Directory...";
        this.folderMenuItem.Click += new System.EventHandler(this.folderMenuItem_Click);

        this.closeMenuItem.Text = "Close";
        this.closeMenuItem.Click += new System.EventHandler(this.closeMenuItem_Click);
        this.closeMenuItem.Enabled = false;

        this.openFileDialog1.DefaultExt = "rtf";
        this.openFileDialog1.Filter = "rtf files (*.rtf)|*.rtf";

        // Set the help text description for the FolderBrowserDialog.
        this.folderBrowserDialog1.Description = 
            "Select the directory that you want to use as the default.";

        // Do not allow the user to create new files via the FolderBrowserDialog.
        this.folderBrowserDialog1.ShowNewFolderButton = false;

        // Default to the My Documents folder.
        this.folderBrowserDialog1.RootFolder = Environment.SpecialFolder.Personal;

        this.richTextBox1.AcceptsTab = true;
        this.richTextBox1.Location = new System.Drawing.Point(8, 8);
        this.richTextBox1.Size = new System.Drawing.Size(280, 344);
        this.richTextBox1.Anchor = AnchorStyles.Top | AnchorStyles.Left | 
                                   AnchorStyles.Bottom | AnchorStyles.Right;

        this.ClientSize = new System.Drawing.Size(296, 360);
        this.Controls.Add(this.richTextBox1);
        this.Menu = this.mainMenu1;
        this.Text = "RTF Document Browser";
    }

    // Bring up a dialog to open a file.
    private void openMenuItem_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
        // If a file is not opened, then set the initial directory to the
        // FolderBrowserDialog.SelectedPath value.
        if (!fileOpened) {
            openFileDialog1.InitialDirectory = folderBrowserDialog1.SelectedPath;
            openFileDialog1.FileName = null;
        }

        // Display the openFile dialog.
        DialogResult result = openFileDialog1.ShowDialog();

        // OK button was pressed.
        if(result == DialogResult.OK) 
        {
            openFileName = openFileDialog1.FileName;
            try
            {
                // Output the requested file in richTextBox1.
                Stream s = openFileDialog1.OpenFile();
                richTextBox1.LoadFile(s, RichTextBoxStreamType.RichText);
                s.Close();    

                fileOpened = true;

            } 
            catch(Exception exp)
            {
                MessageBox.Show("An error occurred while attempting to load the file. The error is:" 
                                + System.Environment.NewLine + exp.ToString() + System.Environment.NewLine);
                fileOpened = false;
            }
            Invalidate();

            closeMenuItem.Enabled = fileOpened;
        }

        // Cancel button was pressed.
        else if(result == DialogResult.Cancel) 
        {
            return;
        }
    }


    // Close the current file.
    private void closeMenuItem_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
        richTextBox1.Text = "";
        fileOpened = false;

        closeMenuItem.Enabled = false;
    }


    // Bring up a dialog to chose a folder path in which to open or save a file.
    private void folderMenuItem_Click(object sender, System.EventArgs e)
    {
        // Show the FolderBrowserDialog.
        DialogResult result = folderBrowserDialog1.ShowDialog();
        if( result == DialogResult.OK )
        {
            folderName = folderBrowserDialog1.SelectedPath;
            if(!fileOpened)
            {
                // No file is opened, bring up openFileDialog in selected path.
                openFileDialog1.InitialDirectory = folderName;
                openFileDialog1.FileName = null;
                openMenuItem.PerformClick();
            } 
        }
    }
}

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: