このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DataGridViewRowPrePaintEventArgs クラス

RowPrePaint イベントのデータを提供します。

名前空間: System.Windows.Forms
アセンブリ: System.Windows.Forms (system.windows.forms.dll 内)

public class DataGridViewRowPrePaintEventArgs : HandledEventArgs
public class DataGridViewRowPrePaintEventArgs extends HandledEventArgs
public class DataGridViewRowPrePaintEventArgs extends HandledEventArgs
適用できません。

RowPrePaint イベントは、行が DataGridView コントロール上に描画される前に発生します。RowPrePaint を使用すると、行内のセルが描画される前に、行の外観を手動で調整できます。これは、1 つの列の内容が複数の列にまたがる行の作成など、行をカスタマイズする場合に便利です。DataGridView の行に直接アクセスせずに行の設定を取得するには、DataGridViewRowPrePaintEventArgs のプロパティを使用します。

RowPrePaint イベントを処理して、選択されたセルのカスタムの背景を描画する方法を次のコード例に示します。次のコード例は、「方法 : Windows フォームの DataGridView コントロールの行の外観をカスタマイズする」で示されている例の一部です。

// Paints the custom selection background for selected rows.
void dataGridView1_RowPrePaint(object sender,
        DataGridViewRowPrePaintEventArgs e)
{
    // Do not automatically paint the focus rectangle.
    e.PaintParts &= ~DataGridViewPaintParts.Focus;

    // Determine whether the cell should be painted
    // with the custom selection background.
    if ((e.State & DataGridViewElementStates.Selected) ==
                DataGridViewElementStates.Selected)
    {
        // Calculate the bounds of the row.
        Rectangle rowBounds = new Rectangle(
            this.dataGridView1.RowHeadersWidth, e.RowBounds.Top,
            this.dataGridView1.Columns.GetColumnsWidth(
                DataGridViewElementStates.Visible) -
            this.dataGridView1.HorizontalScrollingOffset + 1,
            e.RowBounds.Height);

        // Paint the custom selection background.
        using (Brush backbrush =
            new System.Drawing.Drawing2D.LinearGradientBrush(rowBounds,
                this.dataGridView1.DefaultCellStyle.SelectionBackColor,
                e.InheritedRowStyle.ForeColor,
                System.Drawing.Drawing2D.LinearGradientMode.Horizontal))
        {
            e.Graphics.FillRectangle(backbrush, rowBounds);
        }
    }
}

System.Object
   System.EventArgs
     System.ComponentModel.HandledEventArgs
      System.Windows.Forms.DataGridViewRowPrePaintEventArgs

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft