このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

DataGridView.SelectionChanged イベント

メモ : このイベントは、.NET Framework version 2.0 で新しく追加されたものです。

現在選択されている対象が変更されたときに発生します。

名前空間: System.Windows.Forms
アセンブリ: System.Windows.Forms (system.windows.forms.dll 内)

public event EventHandler SelectionChanged
/** @event */
public void add_SelectionChanged (EventHandler value)

/** @event */
public void remove_SelectionChanged (EventHandler value)

JScript では、イベントは使用できますが、新規に宣言することはできません。

このイベントは、プログラムによるかユーザーの操作によるかに関係なく、セルが選択または選択解除されるたびに発生します。たとえば、このイベントは、現在選択されているセルの合計を表示する場合に便利です。

CurrentCell プロパティの値を変更すると、CurrentCellChanged イベントの前に、SelectionChanged イベントが発生します。このとき、CurrentCell プロパティにアクセスするすべての SelectionChanged イベント ハンドラには、変更前の値が渡されます。

イベント処理の詳細については、「イベントの利用」を参照してください。

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows Millennium Edition, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0
表示: