このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
エクスポート (0) 印刷
すべて展開

DataGridView.HitTestInfo クラス

DataGridView コントロール内の特定の座標ペアに関する情報 (行インデックスや列インデックスなど) を格納します。このクラスは継承できません。

名前空間: System.Windows.Forms
アセンブリ: System.Windows.Forms (system.windows.forms.dll 内)

public sealed class HitTestInfo
public final class HitTestInfo
public final class HitTestInfo
適用できません。

DataGridView クラスの HitTest メソッドは、DataGridView.HitTestInfo を返します。このメソッドを使用すると、指定された座標に位置している DataGridView コントロールの部分を特定できます。たとえば、マウス クリックの座標を指定してこのメソッドを呼び出すと、クリックされたセルの行インデックスと列インデックスを確認したり、ヘッダー セルやスクロール バーがクリックされたかどうかを確認したりできます。

この型の使用方法を次のコード例に示します。この例は DataGridView.Columns プロパティのリファレンス トピックで取り上げている例の一部です。

private DataGridViewCell clickedCell;

private void dataGridView1_MouseDown(object sender, MouseEventArgs e)
{
// If the user right-clicks a cell, store it for use by the shortcut menu.
    if (e.Button == MouseButtons.Right)
    {
        DataGridView.HitTestInfo hit = dataGridView1.HitTest(e.X, e.Y);
        if (hit.Type == DataGridViewHitTestType.Cell)
        {
            clickedCell =
                dataGridView1.Rows[hit.RowIndex].Cells[hit.ColumnIndex];
        }
    }
}

System.Object
  System.Windows.Forms.DataGridView.HitTestInfo

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Windows 98,Windows Server 2000 SP4,Windows CE,Windows Millennium Edition,Windows Mobile for Pocket PC,Windows Mobile for Smartphone,Windows Server 2003,Windows XP Media Center Edition,Windows XP Professional x64 Edition,Windows XP SP2,Windows XP Starter Edition

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0,2.0

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft