この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ContainerControl.AutoScaleMode プロパティ

 

公開日: 2016年10月

コントロールの自動スケーリング モードを取得または設定します。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

[BrowsableAttribute(false)]
public AutoScaleMode AutoScaleMode { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Windows.Forms.AutoScaleMode

AutoScaleMode を表す現在のスケーリング モードです。 既定値は、None です。

Exception Condition
InvalidEnumArgumentException

AutoScaleMode が正しくない値を使用してこのプロパティを設定します。

AutoScaleMode プロパティは、このコントロールの現在の自動スケーリング モードを指定します。 拡大縮小を Font コントロールまたはフォームを拡大または縮小、オペレーティング システムでのフォントのサイズに応じてにして、コントロールまたはフォームの絶対サイズは重要でないときに使用する場合に便利です。 拡大縮小を Dpi はコントロールや、画面を基準とフォームのサイズを変更する場合に便利です。 たとえば、ドット/インチ (DPI) は、画面の一定の割合を常に使用できるように、グラフなどのグラフィックを表示するコントロールのスケーリングを使用することがあります。

自動スケーリングの詳細については、次を参照してください。 Windows フォームにおける自動スケーリングします。

.NET Framework
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: