この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ComboBox.ObjectCollection クラス

 

公開日: 2016年10月

ComboBox 内の項目のコレクションを表します。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection

[ListBindableAttribute(false)]
public class ObjectCollection : IList, ICollection, IEnumerable

名前説明
System_CAPS_pubmethodComboBox.ObjectCollection(ComboBox)

System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection の新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCount

コレクション内の項目の数を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsReadOnly

このコレクションを変更できるかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubpropertyItem[Int32]

コレクション内の指定したインデックス位置にある項目を取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAdd(Object)

アイテムの一覧に項目を追加、 ComboBoxです。

System_CAPS_pubmethodAddRange(Object[])

項目の配列の項目の一覧に追加、 ComboBoxです。

System_CAPS_pubmethodClear()

ComboBox からすべての項目を削除します。

System_CAPS_pubmethodContains(Object)

指定した項目がコレクション内にあるかどうかを判断します。

System_CAPS_pubmethodCopyTo(Object[], Int32)

既存の配列内の指定位置にあるオブジェクトの配列にコレクション全体をコピーします。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetEnumerator()

項目のコレクションを反復処理するために使用できる列挙子を返します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIndexOf(Object)

指定した項目のコレクション内のインデックスを取得します。

System_CAPS_pubmethodInsert(Int32, Object)

コレクション内の指定したインデックスの位置に項目を挿入します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRemove(Object)

指定した項目を削除、 ComboBoxです。

System_CAPS_pubmethodRemoveAt(Int32)

項目を削除、 ComboBox 指定したインデックス位置。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodICollection.CopyTo(Array, Int32)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「ICollection.CopyTo」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Add(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「IList.Add」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyICollection.IsSynchronized

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「ICollection.IsSynchronized」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyICollection.SyncRoot

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「ICollection.SyncRoot」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyIList.IsFixedSize

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「IList.IsFixedSize」を参照してください。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAsParallel()

オーバーロードされます。クエリの並列化を有効にします。(ParallelEnumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodAsQueryable()

オーバーロードされます。変換、 IEnumerable に、 IQueryableです。(Queryable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodCast<TResult>()

要素をキャスト、 IEnumerable 指定した型にします。(Enumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodOfType<TResult>()

要素をフィルター処理、 IEnumerable 、指定した型に基づいています。(Enumerable によって定義されています。)

System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection クラス内の項目をカプセル化、 ComboBoxです。 さまざまな種類の文字列、イメージ、およびカスタム ビジネス オブジェクトを含むオブジェクトを管理する、コンボ ボックスのオブジェクトのコレクションを使用できます。

いくつかの方法でコレクションに項目を追加できます。 Add メソッドでは、1 つのオブジェクトをコレクションに追加します。 コレクションにオブジェクトの数を追加するには項目の配列を作成して割り当てるに最適な AddRange メソッドです。 使用できるオブジェクトをコレクション内の特定の位置に挿入するには Insert メソッドです。 コレクション内の既知のインデックス位置の項目を削除する、いずれかを使用できる、 Remove メソッドまたは RemoveAt メソッドです。 Clear メソッドは、すべての項目をコレクションから削除します。

メソッドとプロパティを追加すると、項目を削除するだけでなく、 System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection コレクション内の項目を検索するメソッドも提供します。 Contains メソッドを使用するオブジェクトがコレクションのメンバーかどうかを決定します。 使用することができます、項目がコレクション内にあることがわかったら、 IndexOf 項目がコレクション内に配置を決定する方法です。

.NET Framework
1.1 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: