この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

ComboBox.Items プロパティ

 

公開日: 2016年11月

この ComboBox に含まれている項目のコレクションを表すオブジェクトを取得します。

名前空間:   System.Windows.Forms
アセンブリ:  System.Windows.Forms (System.Windows.Forms.dll 内)

public ComboBox.ObjectCollection Items { get; }

このプロパティに格納されている項目のリストへの参照を取得すると、 ComboBoxです。 この参照を持つ項目を追加、アイテムを削除でき、コレクション内の項目の数を取得できます。

ただし、 ComboBox はテキスト アイテムを表示するよく使用される任意のオブジェクトを追加できます、 ComboBoxです。 内のオブジェクトの表現では通常、 ComboBox オブジェクトが返される文字列は、 ToString メソッドです。 代わりに表示されているオブジェクトのメンバーがある場合は、設定して表示されるメンバーを選択する、 DisplayMember プロパティを適切なメンバーの名前にします。 設定して、オブジェクトによって返される値を表すオブジェクトのメンバーを選択することもできる、 ValueMember プロパティです。 詳細については、「ListControl」を参照してください。

項目のコレクションで実行できるタスクの詳細については、次を参照してください。、 System.Windows.Forms.ComboBox.ObjectCollection クラスのリファレンス トピックです。

次のコード例は、小さな数を追加する方法を示します ComboBox 項目。 多くのアイテムを追加する必要がある場合の例を参照してください。 BeginUpdateします。 どちらの例で使用できる例の一部である、 ComboBox クラスの概要です。

private void addButton_Click(object sender, System.EventArgs e) {
   comboBox1.Items.Add(textBox1.Text);
}

.NET Framework
1.1 以降で使用可能
トップに戻る
表示: