このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

Application.StartupPath プロパティ

アプリケーションを開始した実行可能ファイルの、ファイル名を含まないパスを取得します。

名前空間: System.Windows.Forms
アセンブリ: System.Windows.Forms (system.windows.forms.dll 内)

public static string StartupPath { get; }
/** @property */
public static String get_StartupPath ()

public static function get StartupPath () : String

プロパティ値

アプリケーションを開始した実行可能ファイルのパス。

このプロパティを取得し、プロパティ値をテキスト ボックスに表示するコード例を次に示します。この例は、textBox1 が既にフォームに配置されていることを前提としています。

private void PrintStartupPath() {
    textBox1.Text = "The path for the executable file that " +
       "started the application is: " +
       Application.StartupPath;
 }


private void PrintStartupPath()
{
    textBox1.set_Text("The path for the executable file that "
        + "started the application is: " + Application.get_StartupPath());
} //PrintStartupPath

Windows 98, Windows 2000 SP4, Windows CE, Windows Millennium Edition, Windows Mobile for Pocket PC, Windows Mobile for Smartphone, Windows Server 2003, Windows XP Media Center Edition, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP SP2, Windows XP Starter Edition

開発プラットフォームの中には、.NET Framework によってサポートされていないバージョンがあります。サポートされているバージョンについては、「システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 2.0、1.1、1.0
表示: