この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

FontVariants 列挙型

 

公開日: 2016年11月

バリアント型の文字体裁グリフ フォームを表示します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public enum FontVariants

メンバー名説明
Inferior

下位のグリフの既定のグリフを置き換えますか、適切な配置のグリフの置換を組み合わせることができます。 通常より下のフォームは化学数式や数学的表記に使用されます。

Normal

既定のフォントの動作です。 フォントのスケーリングと配置は正常です。

Ordinal

序数のグリフの既定のグリフを置き換えますか、適切な配置のグリフの置換を組み合わせることができます。 序数に基づくフォームは、通常の数値の表記"first"の「1」などの序数に基づく word の関連付け

Ruby

既定のグリフを小規模な日本語のかなグリフに置き換えます。 これは、漢字の意味と思われる読者に精通しているが明確に使用されます。

Subscript

既定のグリフを下付き文字のグリフに置き換えます。

Superscript

既定のグリフを上付き文字のグリフに置き換えます。 脚注には、上付き文字がよく使用されます。

指定したフォントが特定のグリフのセットをサポートしていない場合は、既定のグリフが表示されます。

Variants プロパティでは、OpenType フォントの上付き文字と下付き文字の値を設定することができます。

次のテキストは、Palatino Linotype フォントの上付き文字を表示します。

OpenType の上付き文字を使用するテキスト

上付き文字の例

次のコード例のプロパティを使用して、Palatino Linotype フォントの上付き文字を定義する方法を示しています、 Typography オブジェクトです。

次のテキストには、Palatino Linotype フォントの添字が表示されます。

OpenType の下付き文字を使用するテキスト

添字の例

次のコード例のプロパティを使用して、Palatino Linotype フォントの添字を定義する方法を示しています、 Typography オブジェクトです。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
5.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
8.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: