この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

EventTrigger クラス

 

イベントへの応答で一連のアクションを適用するトリガーを表します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Threading.DispatcherObject
    System.Windows.DependencyObject
      System.Windows.TriggerBase
        System.Windows.EventTrigger

[ContentPropertyAttribute("Actions")]
public class EventTrigger : TriggerBase, IAddChild

名前説明
System_CAPS_pubmethodEventTrigger()

EventTrigger クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodEventTrigger(RoutedEvent)

新しいインスタンスを初期化、 EventTrigger クラス イベントを指定しています。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyActions

イベントが発生したときに適用するアクションのコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyDependencyObjectType

取得、 DependencyObjectType をラップする、 CLR のこのインスタンスの型。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDispatcher

取得、 Dispatcher この DispatcherObject に関連付けられています。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyEnterActions

トリガー オブジェクトがアクティブになったときに適用する TriggerAction オブジェクトのコレクションを取得します。 このプロパティは EventTrigger クラスには適用されません。(TriggerBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyExitActions

トリガー オブジェクトが非アクティブになったときに適用する TriggerAction オブジェクトのコレクションを取得します。 このプロパティは EventTrigger クラスには適用されません。(TriggerBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsSealed

このインスタンスが現在シールされている (読み取り専用である) かどうかを示す値を取得します。 (DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyRoutedEvent

このトリガーをアクティブにする RoutedEvent を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySourceName

このトリガーをアクティブにするイベントでオブジェクトの名前を取得または設定します。 これは、要素トリガーまたはテンプレート トリガーでのみ使用されます。

名前説明
System_CAPS_protmethodAddChild(Object)

指定したオブジェクトを追加、 Actions 現在のイベント トリガーのコレクション。

System_CAPS_protmethodAddText(String)

このメソッドはサポートされていませんし、例外が発生します。

System_CAPS_pubmethodCheckAccess()

呼び出し元のスレッドがこれにアクセスをサポートしているかどうかを決定 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyProperty)

プロパティのローカル値をクリアします。 クリアするプロパティは DependencyProperty 識別子で指定されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodClearValue(DependencyPropertyKey)

読み取り専用プロパティのローカル値を消去します。 消去するプロパティは、DependencyPropertyKey で指定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodCoerceValue(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティの値を強制します。 これは、呼び出し元の DependencyObject の依存関係プロパティのプロパティ メタデータで指定されている CoerceValueCallback 関数を呼び出すことによって実現されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定されたかどうかを決定 DependencyObject は現在と同じ DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

この DependencyObject のハッシュ コードを取得します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetLocalValueEnumerator()

どの依存関係プロパティに値を設定ローカルに決定するための特殊な列挙子を作成 DependencyObjectします。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetValue(DependencyProperty)

DependencyObject のこのインスタンスにある依存関係プロパティの現在の有効値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodInvalidateProperty(DependencyProperty)

指定した依存関係プロパティに対する有効な値を再評価します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodOnPropertyChanged(DependencyPropertyChangedEventArgs)

この DependencyObject に指定されたいずれかの依存関係プロパティの有効な値が更新されるたびに呼び出されます。 変更された特定の依存関係プロパティは、イベント データで報告されます。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodReadLocalValue(DependencyProperty)

ローカルの依存関係プロパティの値を返します (存在する場合)。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetCurrentValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ値のソースを変更せずにその値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyProperty, Object)

依存関係プロパティ識別子を指定して、該当する依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSetValue(DependencyPropertyKey, Object)

依存関係プロパティの DependencyPropertyKey 識別子で指定した読み取り専用の依存関係プロパティのローカル値を設定します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeActions()

シリアル化処理が有効な値をシリアル化する必要かどうかを返す、 Actions このクラスのインスタンスのプロパティです。

System_CAPS_protmethodShouldSerializeProperty(DependencyProperty)

シリアル化プロセスが、指定された依存関係プロパティの値をシリアル化する必要があるかどうかを示す値を返します。(DependencyObject から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodVerifyAccess()

呼び出し元のスレッドがこのへのアクセスを持つことを強制 DispatcherObjectします。(DispatcherObject から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIAddChild.AddChild(Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 子オブジェクトを追加します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIAddChild.AddText(String)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 オブジェクトにノードのテキスト コンテンツを追加します。

Trigger objects have the Setters, EnterActions, and ExitActions properties that apply changes or actions based on the state of certain properties, while EventTrigger objects start a set of Actions when a specified routed event occurs. For example, you may want to use an EventTrigger to start a set of animations when the mouse pointer is over a certain ユーザー インターフェイス (UI) control. Unlike Trigger, EventTrigger has no concept of termination of state, so the action will not be undone once the condition that raised the event is no longer true.

Note that when using an T:System.Windows.EventTrigger, you need to choose events that do not interfere with the inherent behavior of your control. Controls such as T:System.Windows.Controls.Button or T:System.Windows.Controls.TextBox perform specific actions on user input events such as mouse clicks and keyboard events. For example, if you are styling a button and try to set the E:System.Windows.Input.Mouse.MouseDown event as the P:System.Windows.EventTrigger.RoutedEvent of an T:System.Windows.EventTrigger, the T:System.Windows.EventTrigger never gets applied because the event first gets handled by the button. Instead, you can use the E:System.Windows.Input.Mouse.PreviewMouseDown event or a different event.

When using data binding, if you are using the E:System.Windows.Data.Binding.TargetUpdated event, you must set the P:System.Windows.Data.Binding.NotifyOnTargetUpdated value of your T:System.Windows.Data.Binding object to true for the event to be raised.

Adding a T:System.Windows.TriggerAction child to an T:System.Windows.EventTrigger object implicitly adds it to the T:System.Windows.TriggerActionCollection for the T:System.Windows.EventTrigger object.

This example shows how to use event triggers in a style to animate the E:System.Windows.UIElement.MouseEnter and E:System.Windows.UIElement.MouseLeave events of a T:System.Windows.FrameworkElement. In this example, the T:System.Windows.Style has the P:System.Windows.Style.TargetType set to T:System.Windows.Shapes.Rectangle. Therefore, there is no need to qualify the MouseEnter and MouseLeave event names with the class name.

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: