この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

EventRoute クラス

 

公開日: 2016年10月

ルーティングされたイベントが従うルートのコンテナーを表します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.EventRoute

public sealed class EventRoute

名前説明
System_CAPS_pubmethodEventRoute(RoutedEvent)

EventRoute クラスのインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAdd(Object, Delegate, Boolean)

ルートに指定された対象の指定されたハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodPeekBranchNode()

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 2 つの論理ツリーの分岐イベント ルート スタックの最上位の要素を返します。

System_CAPS_pubmethodPeekBranchSource()

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 2 つの論理ツリーの分岐イベント ルート スタックの最上位の要素のソースを返します。

System_CAPS_pubmethodPopBranchNode()

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 2 つの論理ツリーの分岐イベント ルート スタックの最上位ノードを返します。

System_CAPS_pubmethodPushBranchNode(Object, Object)

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 最上位ノードを 2 つの論理ツリーの分岐イベント ルート スタックに追加します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

このクラスは、有効な RoutedEvent, 、ターゲット オブジェクトとハンドラーの一覧のペアのイベントのイベントのルーティングを参照する順序付きリストが含まれています。 EventRoute 一覧に新しいエントリを追加をサポートし、一覧内のハンドラーを呼び出すこともできます。

ハンドラーを追加するための通常のほとんどの操作 Windows Presentation Foundation (WPF) イベントにこのクラスの使用が必要としない (たとえば、使用して EventManager クラス処理を追加または既存のイベントのハンドラーを照会する方法)。 このクラスは、要素の子要素または要素を追加するか、イベントを計算する既定のルートから要素を削除するが難しいような親要素について、特定の知識があるときに使用するために主には。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: