この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DynamicResourceExtension クラス

 

公開日: 2016年11月

作成された動的リソース参照をサポートするマークアップ拡張機能を実装する XAMLです。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Markup.MarkupExtension
    System.Windows.DynamicResourceExtension

[TypeConverterAttribute(typeof(DynamicResourceExtensionConverter))]
[MarkupExtensionReturnTypeAttribute(typeof(object))]
public class DynamicResourceExtension : MarkupExtension

名前説明
System_CAPS_pubmethodDynamicResourceExtension()

DynamicResourceExtension クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDynamicResourceExtension(Object)

新しいインスタンスを初期化、 DynamicResourceExtension クラスは、指定された初期キーを使用しています。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyResourceKey

取得またはこの動的リソース参照で指定されたキーを設定します。 中間式を使用してリソース ディクショナリ内のリソースの参照に使用されます。

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodProvideValue(IServiceProvider)

この拡張機能を適用するプロパティで設定するオブジェクトを返します。 DynamicResourceExtension, 、これは、リソース ディクショナリをキーとした場合は、現在の親チェーン内で検出されたオブジェクト、 ResourceKeyです。(MarkupExtension.ProvideValue(IServiceProvider) をオーバーライドします。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

動的リソース参照は、実行時に変わる可能性があるコンテンツを参照するときに必要です。 コンテンツの変更の理由は、アプリケーションによって開始される場合がありますか、外部可能性があります。 1 つの例は、テーマやフォント設定などのユーザーに構成された設定をレポートするシステム リソースに依存するスタイルが含まれているかどうかです。

このクラスは、マークアップ拡張機能の実装です。 マークアップ拡張機能クラス WPF の一部の側面のインフラストラクチャをサポートするには、主に存在、 WPF XAML プロセッサの実装、およびマークアップ拡張機能クラスによって公開されるメンバーは通常呼び出されません直接ユーザー コードからです。  このクラスは特に、サポート、 DynamicResource マークアップ拡張機能 使用法を XAMLします。 動的リソース参照の詳細については、次を参照してください。 DynamicResource マークアップ拡張機能します。

XAML についてを参照してください DynamicResource マークアップ拡張機能します。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: