この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DragDrop クラス

 

公開日: 2016年10月

ドラッグ アンド ドロップ操作では、機能と機能を追加して、ドラッグ アンド ドロップ操作関連のイベント ハンドラーの削除を開始するメソッドなど、ドラッグ アンド ドロップ操作を開始するためのヘルパー メソッドとフィールドを提供します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.DragDrop

public static class DragDrop

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddDragEnterHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに DragEnter イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddDragLeaveHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに DragLeave イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddDragOverHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに DragOver イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddDropHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに Drop イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddGiveFeedbackHandler(DependencyObject, GiveFeedbackEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに GiveFeedback イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddPreviewDragEnterHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに PreviewDragEnter イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddPreviewDragLeaveHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに PreviewDragLeave イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddPreviewDragOverHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに PreviewDragOver イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddPreviewDropHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに PreviewDrop イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddPreviewGiveFeedbackHandler(DependencyObject, GiveFeedbackEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに PreviewGiveFeedback イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddPreviewQueryContinueDragHandler(DependencyObject, QueryContinueDragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに PreviewQueryContinueDrag イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddQueryContinueDragHandler(DependencyObject, QueryContinueDragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトに QueryContinueDrag イベント ハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticDoDragDrop(DependencyObject, Object, DragDropEffects)

ドラッグ アンド ドロップ操作を開始します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveDragEnterHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから DragEnter イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveDragLeaveHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから DragLeave イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveDragOverHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから DragOver イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveDropHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから Drop イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveGiveFeedbackHandler(DependencyObject, GiveFeedbackEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから GiveFeedback イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemovePreviewDragEnterHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから PreviewDragEnter イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemovePreviewDragLeaveHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから PreviewDragLeave イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemovePreviewDragOverHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定した依存関係オブジェクトから PreviewDragOver イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemovePreviewDropHandler(DependencyObject, DragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから PreviewDrop イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemovePreviewGiveFeedbackHandler(DependencyObject, GiveFeedbackEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから PreviewGiveFeedback イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemovePreviewQueryContinueDragHandler(DependencyObject, QueryContinueDragEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから PreviewQueryContinueDrag イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveQueryContinueDragHandler(DependencyObject, QueryContinueDragEventHandler)

指定した依存関係オブジェクトから QueryContinueDrag イベント ハンドラーを削除します。

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticDragEnterEvent

DragEnter 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticDragLeaveEvent

DragLeave 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticDragOverEvent

DragOver 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticDropEvent

Drop 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticGiveFeedbackEvent

GiveFeedback 添付イベントを識別します

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPreviewDragEnterEvent

PreviewDragEnter 添付イベントを識別します

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPreviewDragLeaveEvent

PreviewDragLeave 添付イベントを識別します

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPreviewDragOverEvent

PreviewDragOver 添付イベントを識別します

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPreviewDropEvent

PreviewDrop 添付イベントを識別します

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPreviewGiveFeedbackEvent

PreviewGiveFeedback 添付イベントを識別します

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPreviewQueryContinueDragEvent

PreviewQueryContinueDrag 添付イベントを識別します

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticQueryContinueDragEvent

QueryContinueDrag 添付イベントを識別します

名前説明
System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticDragEnter

オブジェクトが、ドロップ先として機能する要素の境界内までドラッグされた時点で発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticDragLeave

オブジェクトがドロップ ターゲットの役目を果たす要素の境界の外にドロップされずにドラッグされたときに発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticDragOver

オブジェクトがドロップ ターゲットとして機能する要素の境界内にドラッグされたときに継続的に発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticDrop

ドロップ先として機能する要素の境界内でオブジェクトがドロップされた時点で発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticGiveFeedback

ドラッグ アンド ドロップ操作中に継続的に発生し、ドラッグ ソースがユーザーにフィードバックできるようにします。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticPreviewDragEnter

オブジェクトが、ドロップ先として機能する要素の境界内までドラッグされた時点で発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticPreviewDragLeave

オブジェクトがドロップ ターゲットの役目を果たす要素の境界の外にドロップされずにドラッグされたときに発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticPreviewDragOver

オブジェクトがドロップ ターゲットとして機能する要素の境界内にドラッグされたときに継続的に発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticPreviewDrop

ドロップ先として機能する要素の境界内でオブジェクトがドロップされた時点で発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticPreviewGiveFeedback

ドラッグ アンド ドロップ操作中に継続的に発生し、ドラッグ ソースがユーザーにフィードバックできるようにします。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticPreviewQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の進行中に連続的に発生し、ドロップ ソースがキー/ボタンの状態に応じてドラッグ アンド ドロップ操作を終了できるようにします。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticQueryContinueDrag

ドラッグ アンド ドロップ操作の進行中に連続的に発生し、ドロップ ソースがキー/ボタンの状態に応じてドラッグ アンド ドロップ操作を終了できるようにします。

一般的に、ドラッグ アンド ドロップとは、マウス (または何らかのポインティング デバイス) を使用して 1 つ以上のオブジェクトを選択し、これらのオブジェクトを ユーザー インターフェイス (UI) の目的のドロップ先までドラッグしてからドロップするデータ転送方式をいいます。 ドラッグ アンド ドロップ、コピー (またはカット) に似ています - と - 貼り付けの操作から 1 つのオブジェクトまたは別のアプリケーションにデータを転送するために使用します。 通常、ドラッグ アンド ドロップ操作では、2 つのパーティ: ドラッグ元からドラッグしたデータの作成元とドロップされたデータを受け取るドロップ先です。 ドラッグ アンド ドロップ操作に必要なイベントとメソッドは、DragDrop クラスで定義されています。 ドラッグ アンド ドロップのイベントは、いずれかに関連付けることがアタッチされるイベントを UIElement または ContentElementです。 ドラッグ元とドロップ先は、同じアプリケーションまたは異なるアプリケーションの UI 要素にあります。 ただし、ドロップ先は、ドラッグ元によって渡されるデータを処理する方法を知る必要があります。

System_CAPS_noteメモ

UIElementContentElement イベントは、これらのクラスが基底クラスとして継承されるときにクラス メンバーの一覧に表示されるように、クラスがドラッグ アンド ドロップ イベントのエイリアスを含めます。 基になる、ハンドラーがアタッチされているこれらのクラスのいずれかにドラッグ アンド ドロップ イベントにイベント ハンドラーをアタッチするときに DragDrop イベントと、イベント データの同じインスタンスを受信します。 例については、「UIElement.Drop」を参照してください。

ドラッグ元では、静的な DoDragDrop メソッドを呼び出して、転送するデータをそのメソッドに渡すことでドラッグ アンド ドロップ操作を開始します。 通常、要素は、ドラッグ元になる場合は、次のイベントを処理します。

要素は、通常、ドロップ先にあるときは、次のイベントを処理します。

詳細と例については、次を参照してください。 ドラッグ アンド ドロップの概要します。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: