この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Typography.StandardLigatures プロパティ

 

取得または標準合字が有効になっているかどうかを示す値を設定します。

名前空間:   System.Windows.Documents
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public bool StandardLigatures { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Boolean

true 標準合字が有効な場合それ以外の場合、 falseです。 既定値は true です。

このプロパティを取得または所有するオブジェクトの値を設定、 Typography プロパティにアクセスする唯一の方法、 Typography クラスのインスタンス。 さらに、このプロパティは、添付プロパティの使用上のテキストを格納していることを設定できるようにオブジェクト XAMLします。

次のテキストには、Pericles フォントの標準合字のグリフが表示されます。

OpenType の標準合字を使用するテキスト

合字の標準セットの例

次のコード例は、Pericles フォントの標準合字の記号を定義する方法を示しています。 を使用して、 StandardLigatures プロパティです。

既定では、OpenTypes フォント WPF 標準合字を有効にします。 たとえば、Palatino Linotype フォントを使用する場合の標準合字"fi"、"ff"および"fl"として表示されます、組み合わせ文字のグリフ。 各標準合字の文字のペアが互いに接触することに注意してください。

OpenType の標準合字を使用するテキスト

既定で有効になっている標準合字の例

ただし、"ff"などの標準合字は、結合された文字のグリフではなくとして 2 つの別個のグリフが表示されるように、標準合字機能が無効にできます。

OpenType の無効な標準合字を使用するテキスト

無効な標準合字の例

次のコード例は、Palatino Linotype フォントの標準合字の記号を無効にする方法を示しています。 を使用して、 StandardLigatures プロパティです。

場合の値 StandardLigaturestrue 選択したフォントが標準合字をサポートしていないと、文字の既定のフォームが表示されます。

<オブジェクト Typography.StandardLigatures="bool"/> 

識別子のフィールド

StandardLigaturesProperty

メタデータのプロパティを設定するには true

AffectsMeasureAffectsRenderInherits

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: