この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Typography.DiscretionaryLigatures プロパティ

 

取得またはの随意合字が有効になっているかどうかを決定する値を設定します。

名前空間:   System.Windows.Documents
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public bool DiscretionaryLigatures { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Boolean

true 随意合字が有効な場合それ以外の場合、 falseです。 既定値は false です。

このプロパティを取得または所有するオブジェクトの値を設定、 Typography プロパティにアクセスする唯一の方法、 Typography クラスのインスタンス。 さらに、このプロパティは、添付プロパティの使用上のテキストを格納していることを設定できるようにオブジェクト XAMLします。

随意合字は、装飾、読みやすくするために設計されたされるようにするために設計されています。 次のテキストには、Pericles フォントの随意合字のグリフが表示されます。

OpenType の随意合字を使用するテキスト

随意合字セットの例

次のコード例は、Pericles フォントの随意合字の記号を定義する方法を示しています。 を使用して、 DiscretionaryLigatures プロパティです。

<オブジェクト Typography.DiscretionaryLigatures="bool"/> 

識別子のフィールド

DiscretionaryLigaturesProperty

メタデータのプロパティを設定するには true

AffectsMeasureAffectsRenderInherits

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: