この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DeferrableContent クラス

 

公開日: 2016年10月

遅延コンテンツをストリームとして BAML 内に保持されているを表します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

System.Object
  System.Windows.DeferrableContent

[TypeConverterAttribute(typeof(DeferrableContentConverter))]
public class DeferrableContent

名前説明
System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

遅延可能なコンテンツは、プリコンパイルまたは解析されていない XAML を処理します。 遅延コンテンツは、高度なシナリオ用のオブジェクトとして公開されます。

DeferrableContent 内部のコンス トラクターを持ちます。 インスタンス化の経路がある DeferrableContentConverter, 、ストリーム内には、合格します。 のみを使用するよう DeferrableContent を使用している場合 Baml2006Reader ストリームを処理します。 これは、高度なシナリオをサポートしている XAML サービスの多くを実装する必要があります。

.NET Framework
4.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: