この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataObjectPastingEventHandler デリゲート

 

公開日: 2016年10月

DataObject.Pasting 添付イベントを処理するメソッドを表します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

public delegate void DataObjectPastingEventHandler(
	object sender,
	DataObjectPastingEventArgs e
)

パラメーター

sender
Type: System.Object

イベント ハンドラーが添付されるオブジェクト。

e
Type: System.Windows.DataObjectPastingEventArgs

イベントのデータ。

The E:System.Windows.DataObject.Pasting attached event occurs when a paste operation has selected a data format to paste, but before the data is actually pasted.

Actions typically performed by a E:System.Windows.DataObject.Pasting attached event handler include:

  • Change the selected paste format by setting new value for the P:System.Windows.DataObjectPastingEventArgs.FormatToApply property.

  • Apply a custom data format to the paste selection.

  • Create a new T:System.Windows.DataObject, and assign it to the P:System.Windows.DataObjectPastingEventArgs.DataObject property of e. A read-only copy of the original data object is stored in P:System.Windows.DataObjectPastingEventArgs.SourceDataObject.

  • Cancel the paste operation by calling M:System.Windows.DataObjectEventArgs.CancelCommand.

Important   If the paste format is changed, the handler method is responsible for ensuring that a newly selected paste format is consumable by the paste target.

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: