この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataObjectPastingEventArgs クラス

 

公開日: 2016年10月

引数を格納、 DataObject.Pasting イベントです。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.EventArgs
    System.Windows.RoutedEventArgs
      System.Windows.DataObjectEventArgs
        System.Windows.DataObjectPastingEventArgs

public sealed class DataObjectPastingEventArgs : DataObjectEventArgs

名前説明
System_CAPS_pubmethodDataObjectPastingEventArgs(IDataObject, Boolean, String)

DataObjectPastingEventArgs の新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCommandCancelled

関連付けられているコマンドまたは操作が取り消されたかどうかを示す値を取得します。(DataObjectEventArgs から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyDataObject

取得または設定、推奨される DataObject 貼り付け操作に使用します。

System_CAPS_pubpropertyFormatToApply

取得または貼り付け操作に使用する推奨されるデータ形式を指定する文字列を設定します。

System_CAPS_pubpropertyHandled

ルーティング イベントがルートをたどる際のイベント処理の現在の状態を示す値を取得または設定します。(RoutedEventArgs から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsDragDrop

関連付けられたイベントがドラッグ アンド ドロップ操作の一部かどうかを示す値を取得します。(DataObjectEventArgs から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyOriginalSource

親クラスによって Source が調整される前の、純粋なヒット テストで判断される元の報告ソースを取得します。(RoutedEventArgs から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyRoutedEvent

この RoutedEventArgs インスタンスに関連付けられている RoutedEvent を取得または設定します。(RoutedEventArgs から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertySource

イベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得または設定します。(RoutedEventArgs から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertySourceDataObject

貼り付け操作に関連付けられている元のデータ オブジェクトのコピーを取得します。

名前説明
System_CAPS_pubmethodCancelCommand()

関連付けられているコマンドまたは操作をキャンセルします。(DataObjectEventArgs から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

Pasting イベントは、貼り付け操作が、として貼り付けるデータ形式を選択すると、データが実際に貼り付ける前に発生します。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: