この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataObject クラス

 

公開日: 2016年10月

基本実装を提供、 IDataObject インターフェイスで、データを転送するための形式に依存しないメカニズムを定義します。

名前空間:   System.Windows
アセンブリ:  PresentationCore (PresentationCore.dll 内)

System.Object
  System.Windows.DataObject

public sealed class DataObject : IDataObject, IDataObject

名前説明
System_CAPS_pubmethodDataObject()

DataObject クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodDataObject(Object)

新しいインスタンスを初期化、 DataObject を指定したデータを含むクラスです。

System_CAPS_pubmethodDataObject(String, Object)

新しいインスタンスを初期化、 DataObject クラス、指定したデータとその関連する形式を含む; 文字列形式を指定します。

System_CAPS_pubmethodDataObject(String, Object, Boolean)

新しいインスタンスを初期化、 DataObject クラス、指定したデータとその関連する形式を含む; 文字列形式を指定します。 このオーバー ロードは、 Boolean データを取得時の別の形式に変換される場合があるかどうかを示すフラグ。

System_CAPS_pubmethodDataObject(Type, Object)

新しいインスタンスを初期化、 DataObject クラス、指定したデータとその関連する形式を含む; でデータ形式が指定された、 Type オブジェクトです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddCopyingHandler(DependencyObject, DataObjectCopyingEventHandler)

追加、 Copying イベント ハンドラーを指定した従属オブジェクト。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddPastingHandler(DependencyObject, DataObjectPastingEventHandler)

追加、 Pasting イベント ハンドラーを指定した従属オブジェクト。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddSettingDataHandler(DependencyObject, DataObjectSettingDataEventHandler)

追加、 SettingData イベント ハンドラーを指定した従属オブジェクト。

System_CAPS_pubmethodContainsAudio()

内のデータが存在するかどうかのデータ オブジェクト クエリを実行、 WaveAudio データ形式です。

System_CAPS_pubmethodContainsFileDropList()

内のデータが存在するかどうかのデータ オブジェクト クエリを実行、 FileDrop データ形式です。

System_CAPS_pubmethodContainsImage()

内のデータが存在するかどうかのデータ オブジェクト クエリを実行、 Bitmap データ形式です。

System_CAPS_pubmethodContainsText()

内のデータが存在するかどうかのデータ オブジェクト クエリを実行、 UnicodeText 形式です。

System_CAPS_pubmethodContainsText(TextDataFormat)

テキスト データの形式でデータが存在するかどうかのデータ オブジェクトのクエリを実行します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetAudioStream()

内のデータを格納しているストリームを返す、 WaveAudio データ形式です。

System_CAPS_pubmethodGetData(String)

文字列で指定された形式でデータを返します。

System_CAPS_pubmethodGetData(String, Boolean)

必要に応じて、データを指定された形式に変換する、指定された形式でデータ オブジェクトを返します。

System_CAPS_pubmethodGetData(Type)

指定された形式でデータ オブジェクトを返す、 Type オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodGetDataPresent(String)

データで使用できるか、文字列で指定された形式に変換できるかどうかを決定します。

System_CAPS_pubmethodGetDataPresent(String, Boolean)

データで使用できるか、指定した形式に変換できるかどうかを決定します。 A Boolean フラグには、その形式で使用不可である場合、データを指定した形式に変換できるかどうかをチェックするかどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodGetDataPresent(Type)

または、データが、使用可能なで指定された形式に変換できるかどうかを決定する Type オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodGetFileDropList()

ドロップされたファイルの一覧を含んでいる文字列コレクションを返します。

System_CAPS_pubmethodGetFormats()

このデータ オブジェクト内のデータが保存されているまたはに変換できる形式の一覧を返します。

System_CAPS_pubmethodGetFormats(Boolean)

このデータ オブジェクト内のデータが格納されている形式の一覧を返します。 A Boolean フラグは、データを自動的に変換できる形式も含めるかどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetImage()

返します。、 BitmapSource 内のデータを格納しているオブジェクト、 Bitmap 形式です。

System_CAPS_pubmethodGetText()

含む文字列を返す、 UnicodeText データ オブジェクト内のデータです。

System_CAPS_pubmethodGetText(TextDataFormat)

このデータ オブジェクトで指定した書式のテキスト データを含む文字列を返します。

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveCopyingHandler(DependencyObject, DataObjectCopyingEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから Copying イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemovePastingHandler(DependencyObject, DataObjectPastingEventHandler)

削除、 Pasting イベント ハンドラーが指定した従属オブジェクト。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveSettingDataHandler(DependencyObject, DataObjectSettingDataEventHandler)

指定された依存関係オブジェクトから SettingData イベント ハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSetAudio(Byte[])

オーディオ データの格納 (WaveAudio データ形式) オブジェクトにします。 オーディオ データは、バイト配列として指定されます。

System_CAPS_pubmethodSetAudio(Stream)

オーディオ データの格納 (WaveAudio データ形式) オブジェクトにします。 オーディオ データはストリームとして指定します。

System_CAPS_pubmethodSetData(Object)

ソース オブジェクトの種類からのデータ形式を自動的に決定する、データ オブジェクトで指定されたデータを格納します。

System_CAPS_pubmethodSetData(String, Object)

指定したデータを、1 つ以上の指定したデータ形式と共に、このデータ オブジェクトに格納します。データ形式は文字列で指定します。

System_CAPS_pubmethodSetData(String, Object, Boolean)

このデータ オブジェクトは、と共に 1 つまたは複数の指定したデータ形式で指定されたデータを格納します。 このオーバー ロードは、 Boolean の取得に別の形式にデータを変換できるかどうかを示すフラグ。

System_CAPS_pubmethodSetData(Type, Object)

このデータ オブジェクトは、と共に 1 つまたは複数指定したデータ形式で指定されたデータを格納します。データ形式が指定された、 Type オブジェクトです。

System_CAPS_pubmethodSetFileDropList(StringCollection)

ストア FileDrop データ オブジェクト内のデータです。 削除されたファイルの一覧は、文字列コレクションとして指定されます。

System_CAPS_pubmethodSetImage(BitmapSource)

ストア Bitmap データ オブジェクト内のデータです。 イメージ データとして指定する BitmapSourceです。

System_CAPS_pubmethodSetText(String)

ストア UnicodeText データ、このデータ オブジェクトの文字列として指定します。

System_CAPS_pubmethodSetText(String, TextDataFormat)

このデータ オブジェクトのテキスト データを格納します。 メンバーに格納するテキスト データの形式が指定されている TextDataFormatします。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticCopyingEvent

Copying 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticPastingEvent

Pasting 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticSettingDataEvent

SettingData 添付イベントを識別します。

名前説明
System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticCopying

関連付けられた依存関係オブジェクトが、コピーする選択項目を表す適切なデータ形式の準備を完了し、コピーする選択範囲の形式を DataObject に追加し、DataObjectClipboard に置くか、ドラッグ アンド ドロップ操作を開始する準備ができたときに発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticPasting

関連付けられた依存関係オブジェクトがデータを貼り付ける準備ができたときに発生します。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticSettingData

関連付けられた依存関係オブジェクトが新しいデータ形式を DataObject に追加しようとすると発生します。

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.DAdvise(FORMATETC, ADVF, IAdviseSink, Int32)

データ オブジェクトとアドバイズ シンク間の接続を作成します。 このメソッドは、アドバイズ シンクをサポートするオブジェクトによって呼び出され、オブジェクトのデータの変更をアドバイズ シンクに通知できるようにします。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.DUnadvise(Int32)

以前に確立されていた通知の接続を破棄します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.EnumDAdvise(IEnumSTATDATA)

現在のアドバイザリ コネクションを列挙するために使用できるオブジェクトを作成します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.EnumFormatEtc(DATADIR)

列挙するオブジェクトを作成、 FORMATETC データ オブジェクトの構造体。 呼び出しで使用されるこれらの構造体 GetData または SetDataです。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.GetCanonicalFormatEtc(FORMATETC, FORMATETC)

機能では、標準 FORMATETC はより複雑な構造に論理的に相当する構造体。 2 つあるかどうかを判断するには、このメソッドを使用して異なる FORMATETC 構造体は重複する表示にすること、同じデータを返します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.GetData(FORMATETC, STGMEDIUM)

ソース データ オブジェクトからデータを取得します。 GetData データ コンシューマーによって呼び出される、メソッドは、指定した記述されているデータをレンダリング FORMATETC 構造体し、指定したを通じて転送 STGMEDIUM 構造体。 呼び出し元に解放する必要は、その後、 STGMEDIUM 構造体。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.GetDataHere(FORMATETC, STGMEDIUM)

ソース データ オブジェクトからデータを取得します。 このメソッドは、データ コンシューマーによって呼び出されるとは異なります、 GetData メソッドを呼び出し元の割り当てし、指定されたストレージ メディアを解放する必要があります。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.QueryGetData(FORMATETC)

データ オブジェクトがで記述されているデータを描画できるかどうかを判断、 FORMATETC 構造体。 オブジェクトを呼び出す前にこのメソッドを呼び出して貼り付けまたは drop 操作を行う GetData 操作が成功する可能性があるかどうかを示す値を取得します。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIDataObject.SetData(FORMATETC, STGMEDIUM, Boolean)

このメソッドを実装するオブジェクトにデータを転送します。 このメソッドは、データ ソースを格納しているオブジェクトから呼び出されます。

このクラスを使用する方法を次の例に示します。

string stringData = "Some string data to store...";
string dataFormat = DataFormats.UnicodeText;
DataObject dataObject = new DataObject(dataFormat, stringData);

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
4.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: