この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

IValueConverter インターフェイス

 

公開日: 2016年10月

カスタム ロジックをバインディングに適用する方法を提供します。

名前空間:   System.Windows.Data
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public interface IValueConverter

値コンバーターを関連付けるバインディングを使用する場合を実装するクラスを作成、 IValueConverter インターフェイスを実装し、 ConvertConvertBack メソッドです。 コンバーターでは、別の 1 つの型にデータを変更する、カルチャに関する情報に基づくデータ変換、または、プレゼンテーションの他の側面を変更できます。 コンバーターの一般的なシナリオの例については、「データの変換」を参照してください データ バインドの概要します。

値コンバーターは、カルチャに対応しています。 両方の ConvertConvertBack メソッドが、 culture カルチャ情報を示すパラメーターです。 カルチャ情報が、変換に関連する場合は、カスタム コンバーターでそのパラメーターを無視できます。

ConvertConvertBack メソッドにもという名前のパラメーターがある parameter コンバーターの同じインスタンスを他のパラメーターを使用できるようにします。 たとえば、別のデータを使用する入力のパラメーターに基づく形式を生成する書式設定のコンバーターを作成します。 使用することができます、 ConverterParameterBinding 、パラメーターに引数として渡すクラス、 ConvertConvertBack メソッドです。

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: