エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

BindingExpression クラス

2013/12/12

Binding オブジェクト内の単一バインディングに関する情報を格納します。

System.Object
  System.Windows.Expression
    System.Windows.Data.BindingExpressionBase
      System.Windows.Data.BindingExpression

Namespace:  System.Windows.Data
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public sealed class BindingExpression : BindingExpressionBase

BindingExpression 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック プロパティDataItemこの BindingExpression で使用するバインディング ソース オブジェクトを取得します。
パブリック プロパティParentBinding現在の BindingExpressionBinding オブジェクトを返します。
このページのトップへ

  名前説明
パブリック メソッドEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドFinalizeObject がガベージ コレクションで再利用される前に、Object がリソースを解放して他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドToString現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドUpdateSourceTwoWay バインディングで、現在のバインディング ターゲットの値をバインディング ソース プロパティに送ります。
このページのトップへ

Binding オブジェクトは、複数のバインディング ターゲットから使用できます。ただし、BindingExpression クラスは単一バインディングを表します。FrameworkElement.GetBindingExpression メソッドを呼び出すことにより、バインディング ターゲットから BindingExpression インスタンスを取得できます。次に、BindingExpression メソッドを使用して、UpdateSource メソッドを呼び出すことができます。これは、バインディング ターゲットからバインディング ソースへ値をコピーするタイミングを制御するときに便利です。詳細については、「Windows Phone のデータ バインディング」を参照してください。

このメソッドの使用方法を次のコード例に示します。


<TextBox x:Name="textBox1" Text="{Binding Test, Mode=TwoWay, UpdateSourceTrigger=Explicit}" />
<Button Content="Update" Click="Button_Click" />



public class TestData
{
    public String Test { get; set; }
}

TestData data;

public MainPage()
{
    InitializeComponent();
    data = new TestData { Test = "one" };
    textBox1.DataContext = data;
}

private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    BindingExpression expression = textBox1.GetBindingExpression(TextBox.TextProperty);
    MessageBox.Show("Before UpdateSource, Test = " + data.Test);
    expression.UpdateSource();
    MessageBox.Show("After UpdateSource, Test = " + data.Test);
}


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

表示:
© 2015 Microsoft