この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Binding.Path プロパティ

 

公開日: 2016年10月

バインディング ソース プロパティへのパスを取得または設定します。

名前空間:   System.Windows.Data
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public PropertyPath Path { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Windows.PropertyPath

バインディング ソース プロパティへのパス。 既定値は、null です。

各バインドは通常これら 4 つのコンポーネントを持つ: バインディング ターゲット オブジェクト、ターゲット プロパティ、バインド ソース、およびで使用するバインディング ソースの値へのパス。 これらのデータ バインディング概念の詳細については、次を参照してください。 データ バインドの概要します。

使用して、 Path プロパティにバインドするソース値を指定します。

  • 簡単なケースで、 Path プロパティの値などを使用して、バインディングのソース オブジェクトのプロパティの名前は、 Path=PropertyNameです。

  • 使用されているような構文に設定可能なプロパティのサブプロパティ C#します。 句では、 Path=ShoppingCart.Order サブプロパティにバインディングが設定 Order オブジェクトまたはプロパティの ShoppingCartです。

  • 添付プロパティをバインドするには、添付プロパティを囲むかっこを配置します。 たとえば、接続されているプロパティにバインドする DockPanel.Dock, 、構文は Path=(DockPanel.Dock)です。

  • プロパティのインデクサーは、インデクサーが適用されているプロパティ名の後ろに角かっこ内に指定できます。 句では、 Path=ShoppingCart[0] リテラル文字列「0」の処理プロパティの内部インデックスの作成方法に対応するインデックスにバインディングを設定します。 複数のインデクサーもサポートされます。

  • インデクサーとサブプロパティを混在させることができます、 Path 句たとえば、。 Path=ShoppingCart.ShippingInfo[MailingAddress,Street].

  • インデクサーの内側は、コンマ (,) で区切られた複数のインデクサー パラメーターをとります。 各パラメーターの型は、かっこで指定できます。 たとえば、ある Path="[(sys:Int32)42,(sys:Int32)24]", ここで、 sys にマップされて、 System 名前空間。

  • ソースがコレクション ビューの場合は、スラッシュ (/) を現在の項目を指定できます。 句など Path=/ ビューの現在のアイテムへのバインディングが設定されます。 ソースがコレクションである場合は、この構文は、既定のコレクション ビューの現在の項目を指定します。

  • プロパティは、コレクションを走査プロパティの名前とスラッシュを組み合わせることができます。 たとえば、 Path=/Offices/ManagerName を含むソース コレクションの現在の項目を指定する、 Offices コレクションであるプロパティ。 現在の項目を格納するオブジェクトは、 ManagerName プロパティです。

  • 必要に応じて、ピリオド (.) パスを使用して、現在のソースにバインドされます。 たとえば、 Text="{Binding}"Text="{Binding Path=.}"です。

パスの構文については、次を参照してください。 バインド宣言の概要 または PropertyPath の XAML 構文します。

XML バインド」を参照してください、 XPath プロパティです。

オブジェクト全体にバインドするには指定する必要はありません、 Path プロパティです。 詳細についてを参照してください「を指定する、パスの値に」 データ バインドの概要します。

次の例では、スタイル トリガーを作成する、 ToolTip 検証エラー メッセージを報告します。 現在のエラーの内容に、かつ setter の値をバインド TextBox (、 TextBox スタイルを使用) を使用して、 RelativeSource プロパティです。 この例の詳細については、次を参照してください。 方法: バインディング検証を実装するします。

<Style x:Key="textBoxInError" TargetType="{x:Type TextBox}">
  <Style.Triggers>
    <Trigger Property="Validation.HasError" Value="true">
      <Setter Property="ToolTip"
        Value="{Binding RelativeSource={x:Static RelativeSource.Self},
                        Path=(Validation.Errors)[0].ErrorContent}"/>
    </Trigger>
  </Style.Triggers>
</Style>

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: