この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

Binding クラス

 

公開日: 2016年10月

バインドの定義に高レベルでアクセスします。バインドは、バインド ターゲット オブジェクト (通常は、WPF 要素) のプロパティと任意のデータ ソース (データベース、XML ファイル、データを格納している任意のオブジェクトなど) とを接続します。

名前空間:   System.Windows.Data
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Markup.MarkupExtension
    System.Windows.Data.BindingBase
      System.Windows.Data.Binding

public class Binding : BindingBase

名前説明
System_CAPS_pubmethodBinding()

Binding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

System_CAPS_pubmethodBinding(String)

初期化パスを使用して、Binding クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyAsyncState

この API は 製品 インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 取得または非同期データ ディスパッチャーに渡される非透過データを設定します。

System_CAPS_pubpropertyBindingGroupName

取得または設定の名前、 BindingGroup このバインディングが属しています。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyBindsDirectlyToSource

Path を評価するときに、データ項目を基準にするか、DataSourceProvider オブジェクトを基準にするかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyConverter

使用するコンバーターを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyConverterCulture

コンバーターを評価するカルチャを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyConverterParameter

取得または設定に渡すパラメーター、 Converterです。

System_CAPS_pubpropertyDelay

取得またはターゲットの変更の値の後に、バインド ソースを更新する前に待機するミリ秒単位で時間を設定します。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyElementName

バインド ソース オブジェクトとして使用する要素の名前を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyFallbackValue

バインドが値を返すことができないときに使用する値を取得または設定します。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyIsAsync

Binding が値の取得と設定を非同期で行う必要があるかどうかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyMode

バインドのデータ フローの方向を示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyNotifyOnSourceUpdated

バインディング ターゲットからバインディング ソースへ値が転送されたときに、SourceUpdated イベントを発生させるかどうかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyNotifyOnTargetUpdated

バインディング ソースからバインディング ターゲットへ値が転送されたときに、TargetUpdated イベントを発生させるかどうかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyNotifyOnValidationError

バインドされたオブジェクトに対して Error 添付イベントを発生させるかどうかを示す値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyPath

バインディング ソース プロパティへのパスを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyRelativeSource

バインディング ターゲットの位置に対して相対的な位置を指定することにより、バインディング ソースを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertySource

バインド ソースとして使用されるオブジェクトを取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyStringFormat

取得またはバインドされた値を文字列として表示される場合、バインディングの書式を設定する方法を指定する文字列を設定します。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyTargetNullValue

ソースの値の場合、ターゲットで使用される値を設定を取得または nullです。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubpropertyUpdateSourceExceptionFilter

バインディング ソースの値の更新時にバインディング エンジンが検出した例外を処理するためのカスタム ロジックの提供に使用できるハンドラーを取得または設定します。 これは、バインディングに ExceptionValidationRule を関連付けている場合にのみ適用できます。

System_CAPS_pubpropertyUpdateSourceTrigger

バインディング ソースの更新のタイミングを決定する値を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyValidatesOnDataErrors

取得または設定を含めるかどうかを示す値、DataErrorValidationRuleです。

System_CAPS_pubpropertyValidatesOnExceptions

取得または設定を含めるかどうかを示す値、 ExceptionValidationRuleです。

System_CAPS_pubpropertyValidatesOnNotifyDataErrors

取得または設定を含めるかどうかを示す値、 NotifyDataErrorValidationRuleです。

System_CAPS_pubpropertyValidationRules

ユーザー入力の有効性をチェックする規則のコレクションを取得します。

System_CAPS_pubpropertyXPath

使用する XML バインディング リソースの値を返す XPath クエリーを取得または設定します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertySystem_CAPS_staticXmlNamespaceManager

取得または設定、 XmlNamespaceManager 名前空間に対応を実行するために使用 XPath で照会 XML バインドします。

名前説明
System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddSourceUpdatedHandler(DependencyObject, EventHandler<DataTransferEventArgs>)

SourceUpdated 添付イベントのハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticAddTargetUpdatedHandler(DependencyObject, EventHandler<DataTransferEventArgs>)

TargetUpdated 添付イベントのハンドラーを追加します。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトが、ガベージ コレクションによって収集される前に、リソースの解放とその他のクリーンアップ操作の実行を試みることができるようにします。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticGetXmlNamespaceManager(DependencyObject)

指定したオブジェクトにアタッチされているバインドによって使用される XML 名前空間マネージャー オブジェクトを返します。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodProvideValue(IServiceProvider)

このバインディングおよび拡張機能の適用先のプロパティに設定されるオブジェクトを返します。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveSourceUpdatedHandler(DependencyObject, EventHandler<DataTransferEventArgs>)

SourceUpdated 添付イベントのハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticRemoveTargetUpdatedHandler(DependencyObject, EventHandler<DataTransferEventArgs>)

TargetUpdated 添付イベントのハンドラーを削除します。

System_CAPS_pubmethodSystem_CAPS_staticSetXmlNamespaceManager(DependencyObject, XmlNamespaceManager)

指定した要素にアタッチされているバインドによって使用される名前空間マネージャー オブジェクトを設定します。

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeFallbackValue()

シリアル化処理が有効な値をシリアル化する必要かどうかを示す値を返す、 FallbackValue このクラスのインスタンスのプロパティです。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializePath()

Path プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeSource()

Source プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeTargetNullValue()

示す値を返すかどうか、 TargetNullValue プロパティをシリアル化する必要があります。(BindingBase から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodShouldSerializeValidationRules()

ValidationRules プロパティを永続化する必要があるかどうかを示します。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。(Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticDoNothing

バインディング エンジンにアクションを実行しないように指示するために、戻り値として使用されます。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticIndexerName

として使用される、 PropertyNameSystem.ComponentModel.PropertyChangedEventArgs をインデクサー プロパティが変更されたことを示します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticSourceUpdatedEvent

SourceUpdated 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticTargetUpdatedEvent

TargetUpdated 添付イベントを識別します。

System_CAPS_pubfieldSystem_CAPS_staticXmlNamespaceManagerProperty

XmlNamespaceManager 添付プロパティを識別します。

名前説明
System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticSourceUpdated

バインディング ターゲットからバインディング ソースに値が転送されるときに発生します。ただし、これは NotifyOnSourceUpdated 値が true に設定されているバインディングに限られます。

System_CAPS_pubeventSystem_CAPS_staticTargetUpdated

バインディング ソースからバインディング ターゲットに値が転送されるときに発生します。ただし、これは NotifyOnTargetUpdated 値が true に設定されているバインディングに限られます。

Windows Presentation Foundation (WPF) data binding provides a simple and consistent way for applications to present and interact with data. Data binding enables you to synchronize the values of the properties of two different objects.

To establish a binding, use the T:System.Windows.Data.Binding class or one of the other classes that inherit T:System.Windows.Data.BindingBase. Regardless of what object you are binding and the nature of your data source, each binding follows the model illustrated by the following figure.

基本的なデータ バインディング ダイアグラム

The figure demonstrates the following fundamental TLA2#tla_winclient data binding concepts.

  • Each binding typically has these four components: a binding target object, a target property, a binding source, and a P:System.Windows.Data.Binding.Path to the value in the binding source to use. For example, if you want to bind the content of a T:System.Windows.Controls.TextBox to the Name property of an Employee object, your target object is the T:System.Windows.Controls.TextBox, the target property is the P:System.Windows.Controls.TextBox.Text property, the value to use is Name, and the source object is the Employee object.

  • The target property must be a dependency property. This also means that you cannot bind a field. Most properties of T:System.Windows.UIElement objects are dependency properties and most dependency properties, except read-only ones, support data binding by default. (Only T:System.Windows.DependencyObject types can define dependency properties and all T:System.Windows.UIElement objects derive from T:System.Windows.DependencyObject.)

  • Although not specified in the figure, it should be noted that the binding source object is not restricted to being a custom TLA2#tla_clr object. TLA2#tla_winclient data binding supports data in the form of TLA2#tla_clr objects and TLA2#tla_xml. To provide some examples, your binding source may be a T:System.Windows.UIElement, any list object, a TLA2#tla_clr object that is associated with TLA#tla_adonet data or Web Services, or an XmlNode that contains your TLA2#tla_xml data.

Use the P:System.Windows.Data.Binding.Mode property to specify the direction of the data flow. To detect source changes in one-way or two-way bindings, the source must implement a suitable property change notification mechanism such as T:System.ComponentModel.INotifyPropertyChanged. For an example, see How to: Implement Property Change Notification. The P:System.Windows.Data.Binding.UpdateSourceTrigger property specifies the timing of source updates. For more information, see "Basic Data Binding Concepts" in Data Binding Overview.

<object property="{Binding declaration}"/>

declaration

Zero or more attribute-assignment clauses separated by commas (,). For more information, see Binding Markup Extension or Binding Declarations Overview.

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: