この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

UIElementCollection クラス

 

公開日: 2016年10月

UIElement 子要素の順序付きコレクションを表します。

名前空間:   System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

System.Object
  System.Windows.Controls.UIElementCollection

public class UIElementCollection : IList, ICollection, IEnumerable

名前説明
System_CAPS_pubmethodUIElementCollection(UIElement, FrameworkElement)

UIElementCollection クラスの新しいインスタンスを初期化します。

名前説明
System_CAPS_pubpropertyCapacity

UIElementCollection に格納できる要素の数を取得または設定します。

System_CAPS_pubpropertyCount

コレクション内の実際の要素数を取得します。

System_CAPS_pubpropertyIsSynchronized

示す値を取得するかどうかへのアクセス、 ICollection インターフェイスが同期されている (スレッド セーフ)。

System_CAPS_pubpropertyItem[Int32]

取得または設定、 UIElement の 0 から始まるインデックス位置に格納されている、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_pubpropertySyncRoot

アクセスを同期に使用できるオブジェクトを取得、 ICollection インターフェイスです。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAdd(UIElement)

指定した要素を追加、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_pubmethodClear()

UIElementCollection からすべての要素を削除します。

System_CAPS_protmethodClearLogicalParent(UIElement)

要素が、論理上の要素の親をクリア、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_pubmethodContains(UIElement)

指定した要素が内かどうかを確認、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_pubmethodCopyTo(Array, Int32)

コピー、 UIElement から、 UIElementCollection 、指定したインデックス位置から始まる配列にします。

System_CAPS_pubmethodCopyTo(UIElement[], Int32)

コピー、 UIElement から、 UIElementCollection 、指定したインデックス位置から始まる配列にします。

System_CAPS_pubmethodEquals(Object)

指定したオブジェクトが、現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_protmethodFinalize()

オブジェクトがガベージ コレクションにより収集される前に、そのオブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetEnumerator()

反復処理できる列挙子を返します、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_pubmethodGetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodGetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodIndexOf(UIElement)

指定した要素のインデックス位置を返す、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_pubmethodInsert(Int32, UIElement)

要素を挿入、 UIElementCollection 指定したインデックス位置にあります。

System_CAPS_protmethodMemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。(Object から継承されます。)

System_CAPS_pubmethodRemove(UIElement)

指定された要素を UIElementCollection から削除します。

System_CAPS_pubmethodRemoveAt(Int32)

削除、 UIElement 指定したインデックス位置。

System_CAPS_pubmethodRemoveRange(Int32, Int32)

要素の範囲を削除、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_protmethodSetLogicalParent(UIElement)

内の要素の論理上の親を設定、 UIElementCollectionです。

System_CAPS_pubmethodToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)

名前説明
System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Add(Object)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「Add」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Contains(Object)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「Contains」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.IndexOf(Object)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「IndexOf」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Insert(Int32, Object)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「Insert」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privmethodIList.Remove(Object)

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「Remove」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyIList.IsFixedSize

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「IsFixedSize」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyIList.IsReadOnly

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「IsReadOnly」を参照してください。

System_CAPS_pubinterfaceSystem_CAPS_privpropertyIList.Item[Int32]

この型またはメンバーは、Windows Presentation Foundation (WPF) インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するためのものではありません。 このメンバーの詳細については、「Item」を参照してください。

名前説明
System_CAPS_pubmethodAsParallel()

オーバーロードされます。クエリの並列化を有効にします。(ParallelEnumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodAsQueryable()

オーバーロードされます。 IEnumerableIQueryableに変換します。 (Queryable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodCast<TResult>()

要素をキャスト、 IEnumerable 指定した型にします。(Enumerable によって定義されています。)

System_CAPS_pubmethodOfType<TResult>()

要素をフィルター処理、 IEnumerable 、指定した型に基づいています。(Enumerable によって定義されています。)

Panel クラスの使用方法の基本、 UIElementCollection をその子要素のコレクションを表します。 メソッドとプロパティで定義された、 UIElementCollection から派生したすべてのオブジェクトに影響を与える Panel として最も一般的な機能セットを操作するための定義と Panel 子要素です。

A UIElementCollection がそれ自体のコンテキスト (クラス) に関係します。 所有元のコンテキストからコレクションにアクセスする必要があります Panelします。

次の例では、 Add の親に子コンテンツを追加するメソッドを StackPanelします。 使用して、これを行う、 Children 型であるプロパティ UIElementCollectionします。

void AddButton(object sender, MouseButtonEventArgs e)
{
	sp1.Children.Clear();
	btn = new Button();
	btn.Content = "New Button";
	sp1.Children.Add(btn);
}

.NET Framework
3.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 以降で使用可能

この型のパブリック static (Visual Basic では Shared ) メンバーはスレッド セーフです。インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

トップに戻る
表示: