このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

TextChangedEventHandler デリゲート

更新 : 2007 年 11 月

TextBoxBase.TextChangedルーティング イベントを処理するメソッドを表します。

名前空間 :  System.Windows.Controls
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public delegate void TextChangedEventHandler(
	Object sender,
	TextChangedEventArgs e
)
/** @delegate */
public delegate void TextChangedEventHandler(
	Object sender,
	TextChangedEventArgs e
)
JScript では、デリゲートは使用できません。
XAML ではデリゲートを使用できますが、ユーザーが独自に定義することはできません。

パラメータ

sender
型 : System.Object

イベント ハンドラがアタッチされているオブジェクト。

e
型 : System.Windows.Controls.TextChangedEventArgs

イベントのデータ。

この例では、TextChanged イベントを使用して、TextBox コントロール内のテキストが変わるたびにメソッドを実行する 1 つの方法を示します。

変更用にモニタする TextBox コントロールを含む XAML の分離コード クラスでは、TextChanged イベントの実行時に呼び出し用メソッドを挿入します。このメソッドには、TextChangedEventHandler デリゲートで想定された署名に一致する署名を含める必要があります。

イベント ハンドラは、TextBox コントロールの内容が変更されるたびにユーザーまたはプログラムによって呼び出されます。

メモ : このイベントは、TextBox コントロールが作成され、テキストが初めて読み込まれるときに実行されます。

TextBox コントロールを定義する Extensible Application Markup Language (XAML) で、TextChanged 属性に、イベント ハンドラのメソッド名と一致する値を指定します。

<TextBox  TextChanged="textChangedEventHandler">
  Here is the initial text in my TextBox.  Each time the contents of this TextBox are changed, 
  the TextChanged event  fires and textChangedEventHandler is called.
</TextBox>


変更用にモニタする TextBox コントロールを含む XAML の分離コード クラスでは、TextChanged イベントの実行時に呼び出し用メソッドを挿入します。このメソッドには、TextChangedEventHandler デリゲートで想定された署名に一致する署名を含める必要があります。

// TextChangedEventHandler delegate method.
private void textChangedEventHandler(object sender, TextChangedEventArgs args)
{    
    // Omitted Code: Insert code that does something whenever
    // the text changes...
} // end textChangedEventHandler


イベント ハンドラは、TextBox コントロールの内容が変更されるたびにユーザーまたはプログラムによって呼び出されます。

メモ : このイベントは、TextBox コントロールが作成され、テキストが初めて読み込まれるときに実行されます。

説明

Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0
表示: