エクスポート (0) 印刷
すべて展開
展開 最小化
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

ScrollViewer.LineLeft メソッド

ScrollViewer コンテンツを、あらかじめ設定されている量だけ左にスクロールします。

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public void LineLeft()

ScrollInfo null である場合、このメソッドはスクロール動作を発生させません。

論理スクロールは、論理ツリーの次の要素にスクロールするために使用されます。 これは、定義された物理インクリメントで内容を一定方向にスクロールする物理スクロールとは異なります。 論理スクロールではなく物理スクロールを使用する場合は、ScrollViewer 内のホスト Panel 要素をラップし、CanContentScroll プロパティを false に設定します。

この例では、ScrollViewer 要素のスクロール メソッドを使用する方法を示します。 これらのメソッドを使用すると、ScrollViewer に表示されたコンテンツを行単位またはページ単位のインクリメント方式でスクロールできます。

次の例では、TextBlock 子要素をホストする sv1 という名前の ScrollViewer を作成します。 TextBlock は親である ScrollViewer を超えているため、スクロール バーが表示され、スクロールできるようになっています。 また、さまざまなスクロール メソッドを表す Button 要素が、別の StackPanel の左側にドッキングされます。 XAML ファイル内の各 Button は、ScrollViewer でのスクロール動作を制御する関連カスタム メソッドを呼び出します。


<StackPanel DockPanel.Dock="Left" Width="150">
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svLineUp">Adjust Line Up</Button>
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svLineDown">Adjust Line Down</Button>
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svLineRight">Adjust Line Right</Button>
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svLineLeft">Adjust Line Left</Button>
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svPageUp">Adjust Page Up</Button>
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svPageDown">Adjust Page Down</Button>
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svPageRight">Adjust Page Right</Button>
  <Button Margin="3,0,0,2" Background="White" Click="svPageLeft">Adjust Page Left</Button>
  <TextBlock Name="txt2" TextWrapping="Wrap"/>
</StackPanel>

<Border BorderBrush="Black" Background="White" BorderThickness="2" Height="520" Width="520" VerticalAlignment="Top">
  <ScrollViewer VerticalScrollBarVisibility="Visible" HorizontalScrollBarVisibility="Auto" Name="sv1">
    <TextBlock TextWrapping="Wrap" Width="800" Height="1000" Name="txt1"/> 
  </ScrollViewer>
</Border>


次の例では、LineUp メソッドと LineDown メソッドを使用しています。


private void svLineUp(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    sv1.LineUp();
}
private void svLineDown(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    sv1.LineDown();
}


.NET Framework

サポート対象 : 4.5.2、4.5.1、4.5、4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象 : 4、3.5 SP1

Windows Phone 8.1, Windows Phone 8, Windows 8.1, Windows Server 2012 R2, Windows 8, Windows Server 2012, Windows 7, Windows Vista SP2, Windows Server 2008 (サーバー コア ロールはサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降でサーバー コア ロールをサポート。Itanium はサポート対象外)

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft