この記事の英語版を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語
このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ScrollViewer.GetVerticalScrollBarVisibility メソッド

指定された要素から VerticalScrollBarVisibility 依存関係プロパティの値を取得します。

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public static ScrollBarVisibility GetVerticalScrollBarVisibility(
	DependencyObject element
)

パラメーター

element
型: System.Windows.DependencyObject
プロパティ値の読み取り元の要素。

戻り値

型: System.Windows.Controls.ScrollBarVisibility
VerticalScrollBarVisibility  依存関係プロパティの値。

.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。
表示: