このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ScrollViewer クラス

表示される他の要素を格納できるスクロール可能な領域を表します。

名前空間: System.Windows.Controls
アセンブリ: PresentationFramework (presentationframework.dll 内)
XML 名前空間 :  http://schemas.microsoft.com/winfx/2006/xaml/presentation

[LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.Ignore)] 
[TemplatePartAttribute(Name="PART_HorizontalScrollBar", Type=typeof(ScrollBar))] 
[TemplatePartAttribute(Name="PART_VerticalScrollBar", Type=typeof(ScrollBar))] 
[TemplatePartAttribute(Name="PART_ScrollContentPresenter", Type=typeof(ScrollContentPresenter))] 
public class ScrollViewer : ContentControl
/** @attribute LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.Ignore) */ 
/** @attribute TemplatePartAttribute(Name="PART_HorizontalScrollBar", Type=System.Windows.Controls.Primitives.ScrollBar) */ 
/** @attribute TemplatePartAttribute(Name="PART_VerticalScrollBar", Type=System.Windows.Controls.Primitives.ScrollBar) */ 
/** @attribute TemplatePartAttribute(Name="PART_ScrollContentPresenter", Type=System.Windows.Controls.ScrollContentPresenter) */ 
public class ScrollViewer extends ContentControl
LocalizabilityAttribute(LocalizationCategory.Ignore) 
TemplatePartAttribute(Name="PART_HorizontalScrollBar", Type=System.Windows.Controls.Primitives.ScrollBar) 
TemplatePartAttribute(Name="PART_VerticalScrollBar", Type=System.Windows.Controls.Primitives.ScrollBar) 
TemplatePartAttribute(Name="PART_ScrollContentPresenter", Type=System.Windows.Controls.ScrollContentPresenter) 
public class ScrollViewer extends ContentControl
<ScrollViewer>
  Content
</ScrollViewer>

ScrollViewer 要素は、コンテンツ要素と最大 2 つの ScrollBar コントロールをカプセル化します。

物理スクロールは、あらかじめ定められた物理インクリメント (通常は、ピクセル数で宣言された値) で内容をスクロールするために使用されます。論理スクロールは、論理ツリーの次の項目にスクロールするために使用されます。論理スクロールではなく物理スクロールを使用する場合は、ScrollViewer 内のホスト Panel 要素をラップし、CanContentScroll プロパティを false に設定します。物理スクロールは、ほとんどの Panel 要素の既定のスクロール動作です。

ScrollViewer 要素のスクロール バーは要素の既定のスタイルで定義されているため、カスタム スタイルを ScrollViewer に適用した場合、スクロール バーは表示されなくなります。表示するには、スクロール バーをカスタム スタイルで定義する必要があります。スクロール バーをカスタム スタイルで実装する方法の例については、「ScrollViewer 要素のスタイル設定」を参照してください。

System.Object
   System.Windows.Threading.DispatcherObject
     System.Windows.DependencyObject
       System.Windows.Media.Visual
         System.Windows.UIElement
           System.Windows.FrameworkElement
             System.Windows.Controls.Control
               System.Windows.Controls.ContentControl
                System.Windows.Controls.ScrollViewer

この型の public static (Visual Basicでは共有) メンバはすべて,スレッド セーフです。インスタンス メンバの場合は,スレッド セーフであるとは限りません。

Microsoft .NET Framework 3.0 は Windows Vista,Microsoft Windows XP SP2,および Windows Server 2003 SP1 でサポートされています。

.NET Framework

サポート対象 : 3.0
表示: