このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

PageRangeSelection 列挙体

更新 : 2007 年 11 月

ある操作 (通常は印刷) で、すべてのページを処理するか、限定した範囲だけを処理するかを指定します。

名前空間 :  System.Windows.Controls
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public enum PageRangeSelection
public enum PageRangeSelection
public enum PageRangeSelection
<object property="enumerationValue" .../>

メンバ名説明
AllPagesすべてのページ。
UserPagesユーザーが指定したページの範囲。

この列挙体は、主に PrintDialogPageRangeSelection プロパティの値として使用されます。

列挙子を使用して、Extensible Application Markup Language (XAML) およびコードを使用して PageRangeSelection プロパティを設定する方法を次の例に示します。

<Button Width="200" Click="InvokePrint">Invoke PrintDialog</Button>


...

private void InvokePrint(object sender, RoutedEventArgs e)
    {
        // Create the print dialog object and set options
        PrintDialog pDialog = new PrintDialog();
        pDialog.PageRangeSelection = PageRangeSelection.AllPages;
        pDialog.UserPageRangeEnabled = true;

        // Display the dialog. This returns true if the user presses the Print button.
        Nullable<Boolean> print = pDialog.ShowDialog();
        if (print == true)
        {
            XpsDocument xpsDocument = new XpsDocument("C:\\FixedDocumentSequence.xps", FileAccess.ReadWrite);
            FixedDocumentSequence fixedDocSeq = xpsDocument.GetFixedDocumentSequence();
            pDialog.PrintDocument(fixedDocSeq.DocumentPaginator, "Test print job");
        }
    }


Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0
表示: