このドキュメントはアーカイブされており、メンテナンスされていません。

ItemsControl.ItemContainerGenerator プロパティ

更新 : 2007 年 11 月

コントロールに関連付けられている ItemContainerGenerator を取得します。

名前空間 :  System.Windows.Controls
アセンブリ :  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

[BindableAttribute(false)]
[BrowsableAttribute(false)]
public ItemContainerGenerator ItemContainerGenerator { get; }
/** @property */
/** @attribute BindableAttribute(false) */
/** @attribute BrowsableAttribute(false) */
public ItemContainerGenerator get_ItemContainerGenerator()

public function get ItemContainerGenerator () : ItemContainerGenerator

このプロパティは XAML では設定できません。

プロパティ値

型 : System.Windows.Controls.ItemContainerGenerator

コントロールに関連付けられている ItemContainerGenerator。既定値は null です。

ItemsControl などのホストのユーザー インターフェイス (UI) を生成する ItemContainerGenerator。これは、コントロールのデータ ビュー内の項目とこれに対応する UIElement オブジェクトとの関連付けを保持します。

ListBox の特定のインデックス位置にある特定の ListBoxItem を取得する必要がある場合は、ItemContainerGenerator を使用できます。

ListBox とその項目の例を次に示します。

<ListBox Margin="10,0,0,5" Name="lb" VerticalAlignment="Top" Grid.Column="0" Grid.Row="2">
    <ListBoxItem>Item 0</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>Item 1</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>Item 2</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>Item 3</ListBoxItem>
</ListBox>


次の例では、ItemContainerGeneratorContainerFromIndex プロパティ内項目のインデックスを指定してアイテムを取得する方法を示しています。

private void GetIndex0(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  ListBoxItem lbi = (ListBoxItem)
      (lb.ItemContainerGenerator.ContainerFromIndex(0));
  Item.Content = "The contents of the item at index 0 are: " +
      (lbi.Content.ToString()) + ".";
}


リスト ボックスの項目を取得したら、次の例に示すように、項目のコンテンツを表示できます。

Item.Content = "The contents of the item at index 0 are: " +
    (lbi.Content.ToString()) + ".";


Windows Vista

.NET Framework および .NET Compact Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

.NET Framework

サポート対象 : 3.5、3.0
表示: