エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

ItemsControl.ItemContainerGenerator プロパティ

コントロールに関連付けられている ItemContainerGenerator を取得します。

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

[BrowsableAttribute(false)]
[BindableAttribute(false)]
public ItemContainerGenerator ItemContainerGenerator { get; }

プロパティ値

型: System.Windows.Controls.ItemContainerGenerator
コントロールに関連付けられている ItemContainerGenerator 既定値は、null です。

ItemsControl などのホストのuser interface (UI) を生成する ItemContainerGenerator これは、コントロールのデータ ビュー内の項目とこれに対応する UIElement オブジェクトとの関連付けを保持します。すべての ItemsControl には、項目コレクション内のデータの項目が含まれる関連付けられた項目コンテナーがあります。 ItemContainerGenerator プロパティを使用して、ItemsControl に関連付けられたアイテムのコンテナーにアクセスできます。 たとえば、データ バインドされた TreeView コントロールがあり、そのインデックスまたは関連付けられたデータ項目に基づいて TreeViewItem を取得する必要がある場合には、ItemContainerGenerator.ContainerFromIndex メソッドまたは ItemContainerGenerator.ContainerFromItem メソッドを使用できます。 また、任意の生成されたコンテナー要素に関連付けられているインデックスまたはデータ項目を取得するには、ItemContainerGenerator.IndexFromContainer メソッドまたは ItemContainerGenerator.ItemFromContainer メソッドを使用できます。

IItemContainerGenerator インターフェイスは、高度なシナリオにも使用されます。 通常、仮想化パネルを独自に実装する高度なアプリケーションがこのインターフェイスのメンバーを呼び出します。

If you need to get a specific ListBoxItem at a particular index in a ListBox, you can use an ItemContainerGenerator.

The following example shows a ListBox and its items.


<ListBox Margin="10,0,0,5" Name="lb" VerticalAlignment="Top" Grid.Column="0" Grid.Row="2">
    <ListBoxItem>Item 0</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>Item 1</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>Item 2</ListBoxItem>
    <ListBoxItem>Item 3</ListBoxItem>
</ListBox>


The following example shows how to retrieve the item by specifying the index of the item in the ContainerFromIndex property of the ItemContainerGenerator.


private void GetIndex0(object sender, RoutedEventArgs e)
{
  ListBoxItem lbi = (ListBoxItem)
      (lb.ItemContainerGenerator.ContainerFromIndex(0));
  Item.Content = "The contents of the item at index 0 are: " +
      (lbi.Content.ToString()) + ".";
}


After you have retrieved the list box item, you can display the contents of the item, as shown in the following example.


Item.Content = "The contents of the item at index 0 are: " +
    (lbi.Content.ToString()) + ".";


.NET Framework

サポート対象: 4、3.5、3.0

.NET Framework Client Profile

サポート対象: 4、3.5 SP1

Windows 7, Windows Vista SP1 以降, Windows XP SP3, Windows Server 2008 (Server Core はサポート対象外), Windows Server 2008 R2 (SP1 以降で Server Core をサポート), Windows Server 2003 SP2

.NET Framework では、各プラットフォームのすべてのバージョンはサポートしていません。 サポートされているバージョンについては、「.NET Framework システム要件」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft