DisplayMemberPath プロパティ
この記事は機械翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。 詳細情報
訳文
原文

ItemsControl.DisplayMemberPath プロパティ

 

オブジェクトの視覚的表現として機能する、ソース オブジェクトの値へのパスを取得または設定します。

名前空間:   System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

[BindableAttribute(true)]
public string DisplayMemberPath { get; set; }

プロパティ値

Type: System.String

ソース オブジェクトの値へのパス。これには、任意のパス、または "@Name" などの XPath を指定できます。既定値は、空の文字列 ("") です。

このプロパティは、データ オブジェクトの表示方法を説明する既定のテンプレートを定義する簡単な方法です。

識別子フィールド

DisplayMemberPathProperty

true に設定されたメタデータのプロパティ

なし

次の例では、places という名前の静的リソースが、Place オブジェクトのコレクションとして定義されます。それぞれの Place オブジェクトは、CityName プロパティと State プロパティで構成されます。プレフィックス src は、データ ソース Places が定義されている名前空間にマップされます。プレフィックス scm および dat は、それぞれ System.ComponentModel 名前空間および System.Windows.Data 名前空間にマップされます。

次の例では、CityName で並べ替えられ、State でグループ化されたデータ コレクションのビューを作成します。

次の例のように、ビューをバインディング ソースに指定できます。 DisplayMemberPath が指定されているため、各 Place オブジェクトは CityName 値で表示されます。 DisplayMemberPath が指定されていない場合、および DataTemplate が存在しない場合、ListBox は、基になるコレクション内の各オブジェクトの文字列表現 (この場合は "SDKSample.Place") を表示します。

.NET Framework
3.0 から利用可能
Silverlight
2.0 から利用可能
Windows Phone Silverlight
7.0 から利用可能
トップに戻る
表示:
© 2016 Microsoft