このページは役に立ちましたか。
このページのコンテンツについての ご意見をお待ちしております
その他にご意見はありますか。
残り 1500 文字
ItemContainerGenerator クラス
Collapse the table of content
Expand the table of content
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

ItemContainerGenerator クラス

ItemsControl の項目とそのコンテナー要素との対応付けを提供します。

System.Object
  System.Windows.Controls.ItemContainerGenerator

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public sealed class ItemContainerGenerator : IRecyclingItemContainerGenerator, 
	IItemContainerGenerator

ItemContainerGenerator 型で公開されるメンバーは以下のとおりです。

  名前説明
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートContainerFromIndex ItemCollection 内で指定されたインデックス位置の項目のコンテナーを返します。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートContainerFromItem指定した項目に対応するコンテナーを返します。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートEquals(Object)指定した Object が、現在の Object と等しいかどうかを判断します。 (Object から継承されます。)
プロテクト メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートFinalize Object がガベージ コレクションにより収集される前に、オブジェクトがリソースを解放し、その他のクリーンアップ操作を実行できるようにします。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートGeneratorPositionFromIndex指定したインデックスの項目について、生成された位置を取得します。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートGetHashCode特定の型のハッシュ関数として機能します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートGetType現在のインスタンスの Type を取得します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIndexFromContainer指定された生成済みのコンテナーを持つ項目のインデックスを返します。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIndexFromGeneratorPosition指定した GeneratorPosition にマッピングするインデックスを返します。
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートItemFromContainer指定された生成済みのコンテナーに対応する項目を返します。
プロテクト メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートMemberwiseClone現在の Object の簡易コピーを作成します。 (Object から継承されます。)
パブリック メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートToString 現在のオブジェクトを表す文字列を返します。 (Object から継承されます。)
このページのトップへ

  名前説明
パブリック イベントSilverlight for Windows Phone によるサポートItemsChanged項目コレクションの内容が変更されたときに発生します。
このページのトップへ

  名前説明
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIItemContainerGenerator.GenerateNext次の項目の表示に使用されるコンテナー要素と、コンテナー要素が新しく生成されたか (実現されたか) どうかを返します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIItemContainerGenerator.GetItemContainerGeneratorForPanel指定したパネルでの使用に適した ItemContainerGenerator を返します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIItemContainerGenerator.PrepareItemContainer対応する項目のコンテナーとして、指定した項目を準備します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIItemContainerGenerator.Remove生成された (実現された) 項目を 1 つ以上削除します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIItemContainerGenerator.RemoveAll生成された (実現された) 項目をすべて削除します。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIItemContainerGenerator.StartAt指定した GeneratorPosition から開始して、指定した GeneratorDirection で、生成した (実現した) 項目で開始するかどうかを制御して、ジェネレーターが項目を生成する準備をします。
明示的なインターフェイス実装プライベート メソッドSilverlight for Windows Phone によるサポートIRecyclingItemContainerGenerator.Recycleデータ項目から項目コンテナーの関連付けを解除し、コンテナーを保存して、後で他のデータ項目に再利用できるようにします。
このページのトップへ

ItemContainerGenerator クラスは、項目コントロールとその項目コンテナー (ListBoxListBoxItem など) の間の関連付けを保持します。 コントロールに ItemContainerGenerator が関連付けられている場合は、コントロールのプロパティを使用してこれを取得できます。

ItemContainerGenerator を使用すると、データ項目を指定することで、インデックスまたはコンテナーに基づいて項目を取得できます。 たとえば、データ バインドされた TreeView があり、そのインデックスに基づいて TreeViewItem を取得する場合は、ContainerFromIndex メソッドを使用できます。 データ項目を取得する場合は、ItemFromContainer メソッドを使用します。

TreeView オブジェクトの ItemContainerGenerator を取得して、ContainerFromIndex メソッドを使用する例を次に示します。

このサンプルを実行する


public MainPage()
{
    InitializeComponent();
    string[] myItems = new string[]{"Item 1", "Item 2", "Item 3", "Item 4", "Item 5"};
    myTreeView.DataContext = myItems;
}
static int count = 1;
private void Button_Click(object sender, RoutedEventArgs e)
{
    TreeViewItem item = (TreeViewItem)myTreeView.ItemContainerGenerator.ContainerFromIndex(3);
    item.IsExpanded = true;
    if (count < 5)
    {
        item.Items.Add("Child " + count.ToString());
        count++;
    }
}



<StackPanel x:Name="LayoutRoot" Background="White">
    <sdk:TreeView x:Name="myTreeView" Width="200" ItemsSource="{Binding}" Margin="5"/>
    <Button Content="Add Child to Item 4" Width="150" Click="Button_Click"/>
</StackPanel>


Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

この型のすべてのパブリック static (Visual Basic では Shared) メンバーは、スレッド セーフです。 インスタンス メンバーの場合は、スレッド セーフであるとは限りません。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft