エクスポート (0) 印刷
すべて展開
情報
要求されたトピックは次のとおりです。しかし、このトピックはこのライブラリには含まれていません。

Grid.RowDefinitions プロパティ

2013/12/12

この Grid のインスタンスで定義されている RowDefinitionCollection を取得します。

Namespace:  System.Windows.Controls
アセンブリ:  System.Windows (System.Windows.dll 内)
XAML の XMLNS: xmlns にマップされていません。

public RowDefinitionCollection RowDefinitions { get; }
<Grid>
  <Grid.RowDefinitions>
    oneOrMoreRowDefinitions
  </Grid.RowDefinitions>
</Grid>

XAML 値

oneOrMoreRowDefinitions

1 つ以上の RowDefinition 要素。このような RowDefinition は、それぞれグリッドの最終的なレイアウトの行を表すプレースホルダーになります。

プロパティ値

型: System.Windows.Controls.RowDefinitionCollection
この Grid のインスタンスで定義されている RowDefinitionCollection

RowDefinitionCollection には、要素を配置するために使用できるグリッドの各行を定義する RowDefinition オブジェクトが含まれます。

Grid 内の行に子要素が追加された場合に、行の Height プロパティが Auto に設定されていると、その子要素は制限なしで測定されます。この動作により、ScrollViewer を使用している場合に垂直スクロール バーが表示されなくなることがあります (子要素が境界なしとして測定されるため)。子要素は、スクロールされる代わりにクリッピングされて表示されます。

XAML でこのプロパティを設定する場合、明示的な RowDefinitionCollection オブジェクト要素は含めないでください。代わりに、暗黙的なコレクション構文を使用するようにします。詳細については、「RowDefinitionCollection」の「解説」を参照してください。

メモメモ:

既定では、グリッドは 1 行× 1 列で構成されます。

次の例では、3 つの行から成る Grid を作成します。1 行目の Height の値は Auto に設定します。この設定では、行内のコンテンツのサイズに基づいて、高さが均等に配分されます。2 番目の行と 3 番目の行の高さはそれぞれ 2* と * に設定されます。2 番目の行には残りのスペースの 2/3 が配分され、3 番目の行には残りのスペースの 1/3 が配分されます。


<Grid.RowDefinitions>
    <RowDefinition Height="Auto" />
    <RowDefinition Height="2*" />
    <RowDefinition Height="*"/>
</Grid.RowDefinitions>


Windows Phone OS

サポート: 8.0, 7.1, 7.0

表示:
© 2015 Microsoft