この記事は機械翻訳されています。英語版の記事を表示するには、[英語] のチェック ボックスをオンにしてください。また、テキストにマウス ポインターを合わせると、ポップアップ ウィンドウに英語のテキストを表示することもできます。
翻訳
英語

DataGrid.RowHeight プロパティ

 

公開日: 2016年10月

取得またはすべての行の高さの推奨値を設定します。

名前空間:   System.Windows.Controls
アセンブリ:  PresentationFramework (PresentationFramework.dll 内)

public double RowHeight { get; set; }

プロパティ値

Type: System.Double

行の高さで、 デバイスに依存しない単位 (1 単位は 1/96 インチ)です。 登録済みの既定値は NaN です。 詳細については、どのような値に影響を与えることができますを参照してください。 DependencyPropertyします。

値を設定すると、 RowHeight プロパティである必要があります 0.0 以上。 このプロパティを設定 NaN (XAML での"Auto")、行のコンテンツに合わせてサイズを自動的に調整します。

Double.PositiveInfinity このプロパティの有効な値はありません。 [値の制限、 Double によって値が適用される、 ValidateValueCallback メカニズムです。 無効な値を設定しようとすると、実行時に例外がスローされます。

RowHeight プロパティが各に適用される DataGridRow を持たないその Height プロパティ セット。 間で競合が存在する場合は、 RowHeight プロパティおよび MinRowHeight プロパティには、 MinRowHeight が優先されます。

設定 RowHeight それぞれの行が要求された領域のサイズ、レイアウト システムに通知します。 このプロパティの戻り値に設定されている値では常にします。 割り当てられた領域の実際の容量を取得する、 ActualHeight のプロパティ、 DataGridRowです。 領域の割り当ての詳細については、次を参照してください。 レイアウトします。

.NET Framework
4.0 以降で使用可能
Silverlight
2.0 以降で使用可能
トップに戻る
表示: