エクスポート (0) 印刷
すべて展開
この記事は翻訳者によって翻訳されたものです。 記事の文章にポインターを重ねると、原文のテキストが表示されます。
訳文
原文

Control.Padding プロパティ

コントロール内のスペースを取得または設定します。

名前空間:  System.Windows.Controls
アセンブリ :  System.Windows (System.Windows.dll 内)

public Thickness Padding { get; set; }
<control Padding="uniform"/>
- or -
<control Padding="left&right,top&bottom"/>
- or -
<control Padding="left,top,right,bottom"/>

XAML の値

uniform

均一の Thickness を指定する数値。 uniform の値は、Thickness の 4 つのプロパティ (LeftTopRightBottom) すべてに適用されます。

left&right

対称的な ThicknessLeft および Right を指定する数値。

top+bottom

対称的な ThicknessTop および Bottom を指定する数値。

left right top bottom

Thickness 構造体の 4 つのサイズ プロパティ (LeftTopRightBottom) を指定する数値。

  • ここに示した XAML 構文では、各値を区切る区切り記号としてコンマの代わりにスペースを使用することもできます。

  • 値の制約の詳細については、「解説」を参照してください。

プロパティ値

型 : System.Windows.Thickness
Control のコンテンツとその Margin または Border との間のスペースの量。 既定値は、4 辺すべてにつき 0 です。

Dependency property identifier field: PaddingProperty

Thickness の値には負の値を使用することも可能ですが、Padding プロパティに使用する場合は注意が必要です。 負の値を使用すると、コントロール領域の境界の外側にコンテンツが描画されます。ただし、意図的にこのように使用することが可能です。

Padding Thickness に整数以外の値を設定することも技術的には可能ですが、通常は避けるようにしてください。 整数以外の値を設定すると、サブピクセル レンダリングが行われ、アンチエイリアシングによる不自然な効果が生じる可能性があります。

このプロパティが影響するのは、Padding プロパティがテンプレートでパラメーターとして使用されているコントロールだけです。 その他のコントロールには影響はありません。

Silverlight

サポート対象 : 5、4、3

Silverlight for Windows Phone

サポート対象 : Windows Phone OS 7.1、Windows Phone OS 7.0

Silverlight でサポートされるオペレーティング システムの詳細については、「サポートされているオペレーティング システムとブラウザー」を参照してください。

コミュニティの追加

追加
表示:
© 2015 Microsoft